読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

緋弾のアリアXXXV 侵掠の花嫁 (MF文庫J)

緋弾のアリアXXXV 侵掠の花嫁 (MF文庫J)

緋弾のアリアXXXV 侵掠の花嫁 (MF文庫J)

作家
赤松中学
こぶいち
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-06-25
ISBN
9784046805140
amazonで購入する Kindle版を購入する

緋弾のアリアXXXV 侵掠の花嫁 (MF文庫J) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

彼方

Nとシャーロックの大スケールな最新兵器満載のドンパチ海戦に始まり、敵であるルシフェリアとの共同生活を送る事になる第35巻。ナイスバディでのじゃマゾなポンコツ甘えん坊悪魔っ娘が今回のヒロイン、属性マシマシに時代を感じる…性癖のオンパレードよ。ともいえ種族の価値観の違いや強大な力を持つ王故の惚れる流れ、戦いの最中会得した便利な新技に最後の統括キンちゃんポエムと…また今回も魅力的なヒロインでした。アリア、ネモも含めて修羅場ったけど結局恋愛面はリスタートな感じ…?ヒスの理解といい、若干の成長は感じても亀の歩み…。

2021/06/25

um

読み始めた頃は全くわからなかった東京の地名も今ではすっかりわかるようになり、丸の内の仲通りでネモと再開するシーンがすごい高解像度で読み取れて感動した。ネモめちゃくちゃ好きなのでたくさん出てきてよかったし、ネモとのシーンがかなりシビアなシチュエーションばっかりだったところ、日常時空にしっかり足をつけて動作してくれたのは本当に得難い巻だった。全体的に見ればルシフェリアとのシーンが多かったけど、まあ次の巻での葛藤を描くためには仕方ないかなという感じです。ネモが出てきてよかった。

2021/06/26

フラン

ネモ二回目の表紙おめでとう。 無人島以来の日常的な絡みが最高です。そしてキンジさんに新しい女が……。 ネモファンにとって、もっとネモが好きになる巻でした。 アリアとモネはハマり役でしたね。あと、あんまりジャンヌをポンコツ扱いしないでよ。フランス行ったときは助けてくれたでしょ。

2021/07/05

岩男

ルシフェリア回。ポンコツ変態ヒロインでなんか久しぶりにいい意味でヒリヒリ感がない巻だったな。リサが出てきて嬉しいです。

2021/06/30

過去最高に乙女でありながら性癖の歪んだ妻"が現れましたね。リサは今まで無敗な気がしますがやはり彼女が最強なのか。ネモ好きなので登場が増えてうれしい。

2021/06/28

感想・レビューをもっと見る