読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

緋弾のアリアXXXV 侵掠の花嫁 (MF文庫J)

緋弾のアリアXXXV 侵掠の花嫁 (MF文庫J)

緋弾のアリアXXXV 侵掠の花嫁 (MF文庫J)

作家
赤松中学
こぶいち
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-06-25
ISBN
9784046805140
amazonで購入する Kindle版を購入する

緋弾のアリアXXXV 侵掠の花嫁 (MF文庫J) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

なつきネコ

また、ヤバい戦闘から女を連れ帰る。これはキンジの宿命か、ラノベの定めか。アリアとルシフェリアの三人生活時が大変。二人は常識がないからな。このメンツに半額弁当を持ち込むキンジは大物だと思うけど。ここで、私史上、緋弾の最カワのネモとリサが揃うだけでご褒美ですな。ネモの再会シーンの可愛さ。与えられた仕事の一途な所も魅力的。頼りがいのあるリサの家事能力。アリアとルシフェリアとネモの間を取れるヒロインっていないよな。リサは出てくるたびに有能さを見せつけてる。キンジが一番に信頼してるのはリサなのかもな。

2022/04/05

寒っ!!

これまでのハーレム要員の中では一番デレているな。むしろやりすぎとまでいえる。面白いからいいけど。最後もいつも通りの展開だからまたハーレム要員が登場したという感じだが毎回話の組み立てがいいからマンネリ感はない。

2021/08/28

彼方

Nとシャーロックの大スケールな最新兵器満載のドンパチ海戦に始まり、敵であるルシフェリアとの共同生活を送る事になる第35巻。ナイスバディでのじゃマゾなポンコツ甘えん坊悪魔っ娘が今回のヒロイン、属性マシマシに時代を感じる…性癖のオンパレードよ。ともいえ種族の価値観の違いや強大な力を持つ王故の惚れる流れ、戦いの最中会得した便利な新技に最後の統括キンちゃんポエムと…また今回も魅力的なヒロインでした。アリア、ネモも含めて修羅場ったけど結局恋愛面はリスタートな感じ…?ヒスの理解といい、若干の成長は感じても亀の歩み…。

2021/06/25

AKF-ZERO

極寒のオホーツク海で対峙したシャーロックの駆る原潜イ・ウーと、その力で第一次世界大戦を勃発させ、今も異世界との扉を開こうとしてるモリアーティ教授引きいる史上屈指のヤバい国際テロリスト『N』の艦隊。対艦ミサイルと魚雷の飛び交う海戦に、流氷に乗り漂流してたキンジとアリアが参戦! 原潜の艦上でルシフェリア・モリアーティ4世との対決を制したキンジだが、またしても対戦相手が嫁候補となってしまい…。しかも今度のは世界を滅ぼせる力を持った異世界の上位神。間違いなく嫁ランク最上位に食い込んでくる実力者。

2021/08/23

Ru

読み始めた頃は全くわからなかった東京の地名も今ではすっかりわかるようになり、丸の内の仲通りでネモと再開するシーンがすごい高解像度で読み取れて感動した。ネモめちゃくちゃ好きなのでたくさん出てきてよかったし、ネモとのシーンがかなりシビアなシチュエーションばっかりだったところ、日常時空にしっかり足をつけて動作してくれたのは本当に得難い巻だった。全体的に見ればルシフェリアとのシーンが多かったけど、まあ次の巻での葛藤を描くためには仕方ないかなという感じです。ネモが出てきてよかった。

2021/06/26

感想・レビューをもっと見る