読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私の息子が異世界転生したっぽい (MFC)

私の息子が異世界転生したっぽい (MFC)

私の息子が異世界転生したっぽい (MFC)

作家
かねもと
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-09-21
ISBN
9784046807618
amazonで購入する Kindle版を購入する

私の息子が異世界転生したっぽい (MFC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

「堂原はさ」(適当に話を合わせて隣にいるだけで力を貸した気になって)「大我が異世界転生したんだって私の話」(答えを出さなくてもその内解決すると思って・・・そう思いたくて)「信じてくれるんだね」。高校時代の交流無きクラスメイト・美央に呼び出されたアラサーでリーマン、あとオタクの堂原。彼女の17歳の息子が事故死した事、彼が異世界転生したらしい、と言う話を聞かされて共に異世界に行く方法を探る相談に乗る事にするが・・・。有りそうで無かったアイデアで送る異世界転生へのエクスキューズで描く佳作(以下コメ欄に余談)。

2021/11/03

しまふくろう

なんとなく買い。絵はシンプルな青年漫画風。 物語は息子を亡くした母親と、その知人ですらない主人公の話。話した事すら殆どない元クラスメイトという、縁はかろうじてあるけど遠すぎる関係故の微妙な関係が面白い。話に異世界は全く出て来ないけれど、きちんとタイトルに意味があるのも良かった。 とても良い話だった。

2021/10/05

じゃすみん

著者天才。  私も人の親なので、転生ものを読みながら多少の思うところはあったりしましたけど。当事者以外がこの母のように『息子は死んでない、異世界転生している』と願い探し求める展開などちーとも思いつきはしませんでしたよ。 輪廻も似たような心持ちで広まったのかもですが、別人や虫になっているより、本人のままどこかにいると思う方が会えそうだものなあ…… 切ない。 それでいて、巻き込まれるオタク氏との関係性に救われる。 ほんと天才。 絵も好きです

2022/05/17

とにざぶろう

テーマや粗筋がオーソドックスなので、解像度の高さや見せ方の工夫に期待して読み進めた。期待したほどではなかったが、楽しかった。もう少し長めの尺で読みたかったな。

2021/10/29

8月24日生まれ

事故で亡くなった息子の本棚にあった本を読み、息子は異世界に転生したんだと思い込むようになった元ギャルの美央。高校時代の同級生という以外ロクに接点はないのに、そういうのに詳しそうという理由で美央に呼び出され協力を求められるオタクの堂原。異世界に行く方法(=息子の後追い)を探し続ける美央を、堂原が何とかして救おうとするお話。タイトルから受けるイメージと内容が全然違います。本編は耐えられましたが、作者の後書きでダメでした。親より早く死ぬのは何よりの親不孝だと改めて思いました。リメイク版も読んでみたい。

2022/06/04

感想・レビューをもっと見る