読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Re:ゼロから始める異世界生活Ex5 緋色姫譚 (MF文庫J)

Re:ゼロから始める異世界生活Ex5 緋色姫譚 (MF文庫J)

Re:ゼロから始める異世界生活Ex5 緋色姫譚 (MF文庫J)

作家
長月達平
大塚真一郎
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-09-25
ISBN
9784046807687
amazonで購入する Kindle版を購入する

Re:ゼロから始める異世界生活Ex5 緋色姫譚 (MF文庫J) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

プリシラが語る昔話。弱肉強食の掟が活きる四大国最大の国家・神聖ヴォラキア帝国のまだ幼く、しかし聡明な皇族の一人プリスカが『選帝の儀』に巻き込まれてゆく短編集第五弾。兄弟姉妹で殺し合い、最後の一人となったものが次なる皇帝となる血の闘争。強者の理が全てを蹂躙する帝国史の一幕が描かれたプリシラの過去エピ回で、彼女と邂逅したアルのえげつなさだったり、出会った夫のこと、袂を分かった主従など、なかなか印象的なエピソードで構成されていましたね。またヴィンセントも何であんな状況になっているのか気になるところではあります。

2021/11/16

かんけー

読了♪Ex5緋色姫譚。前巻の予告でプリシラ関連のエピソードだとは知っていたが、さすがReゼロその冷徹なる描写は今回も半端ない(ー_ー;)ヴォラキア帝国の令嬢に在りながら?兄であるヴィンセントと相容れぬ感情の交換も、容赦ない言語の応酬に苦笑の嵐w「世界は妾の都合の良いようにできておる」その揺るがぬ信条はプリシラ(プリスカ?)をして、唯我独尊とは自身にこそ相応しいと♪選帝の儀(王位継承の儀式)を巡り、兄妹で殺し合うと言う常軌を逸した事象に?この章の顛末はもう読んでもらうしか(^_^)後編赫炎の剣狼。→

2021/10/03

D-suke

★★★★★ 久々のリゼロのex面白かった。キャラごとにそれぞれの話がしっかりあるのはリゼロの本当にいいところだと思う。プリシラとアルの二人、結構好きだから今回それぞれについて掘り下げられていて面白かった。アラキアのキャラクターが知れたのも良かった。 これアルの正体が大分わかってきたような感じだけどどうなんだろ。

2021/10/08

椎名

プリシラとアルの過去編。アルの銀髪美少女への反応といい、これはやはり嫉妬の魔女と何かしら関連があるのかなあ。考察も捗る一冊だった。

2021/10/09

ぎゃぐれー

本編ではほとんど出番のないあの陣営の短編集。短編集といっても滅茶苦茶本編の核心に関わりありそうな展開で、これ読んでないと本編が理解できないなんてことになりそう。ここでアルとプリシラはまだ出会ってないということは、このシリーズはまだまだ続くということか。

2021/10/15

感想・レビューをもっと見る