読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

緋弾のアリアXXXVII 第三の男 (MF文庫J)

緋弾のアリアXXXVII 第三の男 (MF文庫J)

緋弾のアリアXXXVII 第三の男 (MF文庫J)

作家
赤松中学
こぶいち
出版社
KADOKAWA
発売日
2022-06-24
ISBN
9784046814791
amazonで購入する Kindle版を購入する

緋弾のアリアXXXVII 第三の男 (MF文庫J) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

彼方

ノーチラスとNが合流し、開かれた第2回イ・ウー同窓会。その目的はインドにいる女神・カーバンクルから神秘の器なる物を奪還することで…な第37巻。今回の舞台はインドという事で、博識メヌエットの再登場や仲間の充実もあってだいぶ観光気分だったなぁ…インドの現実そんな感じですよね。個人的には猴の動向が嬉しくて、仲間になると体術といいハイパーステルスといい強いなこの子は…健気だし癒し枠でもあって。原始の生活を望むカーバンクルを文明の良さを諭す、キンちゃん定番の語りも決まったところで綺麗にバシッと決まった巻だったなと。

2022/06/27

フラン

久々のメヌエット&ワトソン登場。今回のターゲットはレクテイアの女神カーバンクル。女ってことは…そういうことか。 今回のキーワードは、シャーロックの力を倍増するもの、100歳程の元従軍医、ワンダー・アブソリュート…ノヅキン。最初のだけでもわかりそう。

2022/07/14

Ru

ロリも何もガチの子どもでヒスるキンジは本当にラインを超えてると思った。そんなことより、244ページでルシフェルに同調するメヌエットの発言はメヌエット推しとしては許せない。メヌエットは別にキンジの口八丁でコロリと落とされたわけじゃなくて、ひたすらアリアを助けるために必死だったところが評価されての現関係なのに、あたかもそうであるようなやりとりになっている。決定的だったのはあのベッドシーンでの表面的なやり取りだったのか?メヌエットはそうじゃないと思ってたのに。

2022/07/05

ささじー

今回はシャーロックのからの依頼でキンジは財宝を取りに行くことに財宝の正体は確かに、シャーロックにとっては財宝だよ!

2022/06/24

感想・レビューをもっと見る