読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぼくたちのリメイク11 無駄なことなんかひとつだって (MF文庫J)

ぼくたちのリメイク11 無駄なことなんかひとつだって (MF文庫J)

ぼくたちのリメイク11 無駄なことなんかひとつだって (MF文庫J)

作家
木緒なち
えれっと
出版社
KADOKAWA
発売日
2022-09-22
ISBN
9784046816597
amazonで購入する Kindle版を購入する

ぼくたちのリメイク11 無駄なことなんかひとつだって (MF文庫J) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

大芸大を卒業してから六年。再び辿り着いた十年後の世界で、紆余曲折の末に自ら起業した広告代理店の社長になっていた橋場恭也のもとに、数年ぶりに河瀬川からの連絡が入る第十一弾。やり直しの果てに選び取った忙しくも充実した日々。しかしそれを根底から揺さぶってしまう、追い詰められた河瀬川からのゲーム企画協力。時間は戻らず奇跡は二度起こらないと思いながら、隠しきれない高ぶる思いがあって、回り道をしてかけがえのない仲間たちが時を経て再集結する展開は熱いですね!次巻が最終回ということで、今から続巻が楽しみで仕方ありません。

2022/09/21

オセロ

クリエイターの道を諦め、広告代理店の社長として充実した日々を過ごす恭也。そんな恭也の元に未だにクリエイターの道でもがき続ける川瀬河からの電話が恭也の運命を動かすことに。 ゲーム制作の協力という川瀬河からの思いがけない依頼を今の自分に受ける資格はあるのかと揺れる恭也への思いがけないメッセージ、大学時代に諦めた恭也の夢をかつての仲間達と共に叶えようとする展開は最高に熱い! 遂に最終巻となる次巻が今から楽しみです!

2022/09/23

わたー

★★★★★正直な話、前巻の終わり方には納得がいっていなかったので、今回がシリーズ全体の出来を左右するとまで思っていたのだが、蓋を開けてみればモヤモヤしていたところが全て解消されて、最終巻直前に相応しい内容になっていたと思う。華々しく活躍していく同期たちを前に、自分の才能の限界を感じ、エンタメ業界から逃げるようにして去ってから6年。彼の元に河瀬川が助けを求めに現れることから物語は再始動する。社畜として使い潰された1周目、ゲームの制作サイドとして幸せな生活を築いた2周目、

2022/09/26

ほたる

ここまでβ世界線も含めてついに待ち望んでいた瞬間が訪れた。読み終わったいま、天を見上げて気持ちを落ち着かせようとしている。やり直してきた10年間で無駄なんかひとつとしてなかった。それは自分だけじゃなく、周りへの影響も。いよいよ全ての謎が明かされそうで次巻最終巻が待ち遠しい。クリエイターとして駆け抜けてきた集大成、そしてその先へと進む道は。ぼくたちの行く末が今から気になって仕方ない。今回も河瀬川英子がただただ河瀬川英子だったので、私はもう涙を流さずに読むことは出来なかった。ああ、楽しみだ……

2022/09/25

カツ@日常

11巻にして鳥肌のタイトル回収!サブタイトルの『無駄なことなんかひとつだって』が読後心に突き刺さる。遠回りをし続けた恭也と高みを目指して研鑽し続けたチームきたやまの仲間たち。6年の時を経て、再び再開した彼ら彼女らによる真のリメイクが始まる!

2022/10/01

感想・レビューをもっと見る