読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ルドルフ・ターキー 1巻 (ビームコミックス)

ルドルフ・ターキー 1巻 (ビームコミックス)

ルドルフ・ターキー 1巻 (ビームコミックス)

作家
長蔵ヒロコ
出版社
エンターブレイン
発売日
2013-05-15
ISBN
9784047289284
amazonで購入する Kindle版を購入する

ルドルフ・ターキー 1巻 (ビームコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

藤月はな(灯れ松明の火)

文学研究会の布教本。1950年代のアメリカ。市長代理であり、富と権力を持ち、命を狙われることもある、敵づくりのが得意な「傍若無人」、「傲岸不遜」が赤黒のスーツを着て葉巻を吹かしているような男、ルドルフ・ターキー。しかし、ちゃっかり、挑発した相手にも恩は作るし、惚れたラパン姐さんに水曜日にアタックするもタイミングの悪さなどでビンタを喰らってフラれる姿は・・・・なんだか笑えます(笑)なぜ、あの二人がルドルフに仕える様になったのかが気になります。

2013/06/12

まりもん

友人に借りて読了。ルドルフよりも秘書達の能力に目がいってしまった。なかなか面白い。

2015/09/09

あっちゃん

主人公が傲慢で強欲なのに憎めないし、嫌いになれないです(笑)勢いがあって面白い!

2013/06/18

よっち

娯楽都市ゴンドランドの市長代理である主人公は金に物言わす外道。そんな主人公が好き勝手ドンパチやっちゃうお話。エロ可愛いお姉さんがたくさん出てきますが、その中でもラパン姐さんは断トツのエロさと美しさ。

2013/10/03

sskitto0504

なかなか主人公が魅力的ですね。姐さんもキレイだし。これから色々と掘り下げられていきそうなキャラクター達ですし続きも読みたいです。

2016/05/30

感想・レビューをもっと見る