読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

共感百景

共感百景

共感百景

作家
阿諏訪泰義
安部コウセイ
SHINCO
鈴木圭介
清野とおる
田中卓志
徳井義実
豊本明長
鳥居みゆき
西加奈子
西村賢太
能町みね子
有野晋哉
日高央
星野源
増子直純
又吉直樹
マンボウやしろ
桃野陽介
光浦靖子
山田真歩
レイザーラモンRG
安藤裕子
大橋裕之
角田晃広
かせきさいだぁ
金子学
クボケンジ
清水ミチコ
出版社
KADOKAWA/エンターブレイン
発売日
2014-03-15
ISBN
9784047294806
amazonで購入する

共感百景 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yanae

「日常の小さなあるあるを発表しあう」ライブイベントを1冊にまとめた本。すごい豪華なメンバーだったので思わず手に取りました。こんな面白いイベント知らなかったのが残念すぎる!行ってみたい。あるあるなのでRGはやはり面白かった(笑)個人的に共感が多かったのはよゐこ有野と豊本明長。クスッと笑える。「寝る」→簡単に入らせないホテルのシーツの張り具合(豊本)。「学校」→どんな顔やったっけ?教頭(有野)。「雨」→APOってなんて読む(又吉)。「写真」→早く押してよ。銅像と同じポーズしなきゃよかった(光浦)。

2017/02/03

(can´﹀`*)/

色々と共感する作品あったけど、頷きすぎてむち打ち注意になった作品(大袈裟(笑))は、[お題:電話 →いったん出ない (豊本明長)]でした。これは、ほんと、わかる。急ぎの方には本当に申し訳ないから殆ど取るけど、気持ちはこれなんだよなー(>_<)いい加減大人なのだからさらっと取ろう!あとマンボウやしろさんの電話お題の作品も頷きすぎて首もげると思った。共感できる自分が少し嬉しかった♡

2016/04/19

れいぽ

お。解説が俵万智さんと東直子さんだ。このお二人の名前で短歌の本?と思った方は詠み人さんですね(笑)でも短歌の本ではないのです。お題にそって日常の「あるある感」を表現するという共感詩、それを集めた本です。詠み人それぞれの「あるある感」のずらし具合!そこが笑いのツボになるんですね~。まさに言葉の瞬間芸。言葉の瞬発力を感じました。面白かった~。実はこの本、西さんの新着情報で知ってどんな本かも知らず予約しました。タイトルから「カフェでの読書に合うおしゃれなエッセイ本?」と勘違い。これも「あるある」でしょうか?笑

2014/08/18

islet ☮

「共感詩」が眼前に広げる共感百景。まさに共感のオンパレ。芸人、作家、様々なアーティストの言葉のセレクションに改めて大興奮。めっちゃ笑った。時に切なかった。そして、西加奈子は、芸人よりオモロくてヨクい。当たり前過ぎても、個人的過ぎても「あるある!」に、ならへん、それを言い得て妙にする力量は感動。心から言葉を探そうとする読了後、素直な気分になれる。いや、君の不器用さが優しくさせてるのかも。なんか、言えなかった言葉が言えそうな気分とか良い感じじゃないですか、共感百景の魔法。

2015/01/08

Rie

お題に対して“あるあるネタ”。うわっコレ面白い!!共感するものばかりでドキッとする。勿論すべて共感までいかないけど…ホントに。

2014/04/08

感想・レビューをもっと見る