読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

イムリ 16 (ビームコミックス)

イムリ 16 (ビームコミックス)

イムリ 16 (ビームコミックス)

作家
三宅乱丈
出版社
KADOKAWA/エンターブレイン
発売日
2014-10-25
ISBN
9784047299689
amazonで購入する Kindle版を購入する

イムリ 16 (ビームコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

斑入り山吹

どうせどんどん酷くなっていくんでしょ!みたいに思っていないと、衝撃&悲しみが半端ない。とか思いつつ読んでも、やっぱり衝撃&悲しい。戦いは収束するのだろうか?デュルクとミューバが相対するのはいつか?どんな形になるのか?そのとき何が起きてしまうのか?どうなっていくのだろうか。

2014/12/02

くらら。

イムリ最新巻!ニコの結婚が不幸フラグだとわかっていたんだけど、やっぱりあああ!と。そしてミューバはますます孤独な独裁者になっていきそう。ラルドにも幸せになってほしいのにあの展開は酷すぎる…。イムリだけじゃなくてイコルもこのあとの展開の鍵になってきそうですね。デュガロの謀略が陥落して、カーマ=ミューバと、イムリ=デュルクの闘いへと進んでいくのでしょうか。そわそわ。

2014/11/01

Mayumi

好きなキャラに予想だにしない運命が待っていた、凹んだ巻。相変わらず情け容赦ない。かすかに見えてきた希望も、また残酷に刈り取られながらストーリーは進むのだろうけど、毎回読むごとに圧倒されて次巻が楽しみな作品です。

2014/10/26

こと

本当に正義を持った人が奴隷化されたり助けようとしたりイコルの島の人々とか救われない話の中ニコの結婚だけがほんわかしてたのに・・・理不尽にたくさん人が死んでいく・・つらい

2017/02/06

あさひ

憎悪の覚醒者・ミューバ。反逆のイコル・イマク。憤怒のイムリ・ニコ。抗い難い衝動は人々を争乱の渦の中へと巻き込んで行く。破滅の予感。多数の犠牲者が出ると分かっていても、もう誰にも彼らを止めることは出来ない。デュルクはこの残酷劇の救世主に成り得るのか⁈ ラルドへの仕打ちが哀しすぎますね。カーマ社会の内部からイコルの差別撤廃を目指すという、1番平和的な方法を模索していたのに…。報われない。でも面白いです。このままクライマックスに向け、最高のカタルシスを期待してます。

2014/12/17

感想・レビューをもっと見る