読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

女神たちと (ビームコミックス)

女神たちと (ビームコミックス)

女神たちと (ビームコミックス)

作家
河井克夫
近藤ようこ
やまじえびね
二宮亜子
おくやまゆか
安永知澄
原百合子
横浜聡子
出版社
KADOKAWA/エンターブレイン
発売日
2015-07-25
ISBN
9784047305359
amazonで購入する Kindle版を購入する

女神たちと (ビームコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Mayumi Hoshino

河井克夫さん原作による女性漫画家の作品6本に、女性映画監督原作で河井さんが漫画を描いているのが1つ、そんな短編集。それぞれほんとにバラバラで、民話調だったり、荒唐無稽で突拍子もなかったり、なんてことのない何でこの日だったのだろう?というような日常生活が切り取られていたり。これって何かに似てると思ったら「夢」だ。実際、寝る前のまどろみのような中で読んだもので、夢とこの本との境目がまだらになったほどだ。特に印象的だったのは、大麻とオランダの文化や芸術を織り混ぜた白日夢のような「アムステルダム」。

2015/09/11

Shimaneko

あまちゃんに出てたってのは知らなんだ。この手のナンセンス系もキライじゃないので、まずまず面白かった。イチオシは『猫又』かな。超キュートで和む♡

2015/08/06

yone

やっぱり克夫さん才能ある。不思議な味わいでユーモラス、不気味だったり。米の回路のラストが好き。

2015/08/17

タマキマタ

んー、個人的にはビミョーかな…河井さん自身で描かれたものも読んでみたいなー。

2015/08/02

金魚3匹

近藤ようこによる「蛍の僧都のこと」が突出して面白い。ラストだけ河井が作画に回った作品だが、盛り上がりのない原作をユーモラスに読ませる手腕はさすが。

2021/11/29

感想・レビューをもっと見る