読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

マラソンは毎日走っても完走できない 角川SSC新書

マラソンは毎日走っても完走できない 角川SSC新書

マラソンは毎日走っても完走できない 角川SSC新書

作家
小出義雄
出版社
角川SSコミュニケーションズ
発売日
2009-11-10
ISBN
9784047315068
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

市民マラソン大会に出ると、30km過ぎから歩いてしまったり、あるいはスピードがガクンと落ちてしまう人がとても多い。みなさん、「毎日5km走っていた」など練習熱心な人が少なくないのだが、ではなぜ走れなくなってしまうのか? その理由は、毎日走っているだけではマラソンの練習になっていないから――。本書では、このマラソン用の練習を説いていく。初めて走ろうと考えている人から、将来フルマラソンを走ってみたいと思っているジョガー、そして3時間台での完走を目標にしているランナーまで、段階的に伝授。金メダリストたちの練習法も初公開する。

マラソンは毎日走っても完走できない 角川SSC新書 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

最近ジョギングを始めて、続きそうなので今度はタイムを縮めたいと思っていた時に発見して読んでみた。さすがにフルマラソンはまだまだ厳しいが10キロマラソンで50分切るくらいにはなりたい。しかし週3で10キロずつ走っても全くタイムが縮まらなくなりどうしたものかと思っていたが、この本を読んで納得。速くなるには負荷をかけなければならない。言われてみれば当たり前の事だが、もともと運動嫌いな私は心のどこかでその結論を避けていた。ちょっとだけ頑張ってみようと思うが、真剣になると読書の時間は確実に減るだろう…。

2017/10/23

抹茶モナカ

高橋尚子選手のコーチとして有名な小出監督のマラソン指南本。自分を追い込む練習の必要性、脚を作る事等を軸に、フルマラソン完走までの練習メニューを紹介。糖尿病予備群と診断されたので、運動しようかなぁ、と読んでみましたが、もう少し健康な人の読む本でした。でも、自分を追い込むのには憧れました。

2015/05/30

こばきよ

今度は小出監督。ただのジョギングを続けるのではなくて、自分の限界を高めるために、スピードを高める、坂道を使うなどの負荷を増した練習をしていくことが必要であるということ。高橋尚子選手を代表として、一流選手を育てた説得力ある。フォームは背筋をまっすぐ、一直線上を進む足跡、というようなところはちょくちょく思い出したい。しばらくしたら、再確認のために、また再読したい。

2013/09/21

カザリ

実は、小出監督のメソッドまで基礎体力が追い付いていない。ただ、監督の本はフルマラソンを走るための系統だてた負荷トレーニングが存在するということを教えてくれて、これはすべての訓練に通じる真理だと直観が言っている。今は、休日に90分ランニングウォーキングをしつつ、50分10キロ走ることを目標に、頑張ります。ほんとうに、目から鱗の本!

2017/01/09

B-Beat

☆題名通り「毎日走っても完走できない」マラソンの距離を走破するための具体的な練習法について。著者が育てた著名ランナーの例も交えてわかりやすく。金哲彦さんの本ほどフォームに拘りはないけれど一流選手の育成を任された経歴からか「強化」がより強調された内容だったろうか。いずれにしてもこの手の本から自分にとってそのまま流用できる方法を探し求めるのではなく、基本の考え方というか原則というか、押さえるべきものをしっかりと把握して、後は自分自身の感覚、実感を信じて具体的に着実に実行あるのみだろう。

2014/09/29

感想・レビューをもっと見る