読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」完全シナリオ集 第1部 (単行本)

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」完全シナリオ集 第1部 (単行本)

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」完全シナリオ集 第1部 (単行本)

作家
宮藤官九郎
出版社
角川マガジンズ
発売日
2013-11-30
ISBN
9784047319004
amazonで購入する

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」完全シナリオ集 第1部 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

したっぱ店員

今更ながらようやく購入。見たドラマのシナリオが欲しいと思ったのは初めて。読んでいるとセリフのひとつひとつが脳内でいきいき蘇る。アドリブのように思えたセリフもぜんぶ台本に載ってるんでなんか感動。巻末の小泉今日子のコメント(新聞に掲載されたもの)も嬉しかった。

2014/06/03

ぐうぐう

映画にしろ舞台にしろドラマにしろ、そのスタート地点はシナリオにある。おもしろいシナリオなのにおもしろくない映画ができる場合はあるが、おもしろくないシナリオなのにおもしろい映画ができることはない。ゆえに、おもしろいドラマ『あまちゃん』のシナリオは、間違いなくおもしろいのだ。そもそも『あまちゃん』におけるシナリオが占める影響力は、他のドラマ以上に大きい。読後、そのことを改めて実感させられた。(つづく)

2014/02/03

readtuktuk

ドラマのシナリオ買うなんてはじめて。すごいすばらしい。この第一部のラスト、あのとき、ユイちゃんが上京できないなんて思いもしなかった。

2014/01/13

MIC

すごく読みやすい。ドラマ見てるように読みました。ドラマ上カットされていたり、違ってたりしている箇所が結構あって、面白かったです。登場人物のキャラクターが完全に刷り込まれているので、カットされている場面でも頭の中でそのシーンが目に浮かぶようでした。

2013/12/03

太田康裕

うーむ…クドカン上手いなぁ。ギャグのような顔して伏線だったり。演出に流されない分ホンの上手さが際立つ。しっかし演出家はこのホン渡されたらプレッシャーだわ。装丁が台本ぽいのも本棚に並べたとき嬉しくなる。下巻へ続く

2013/12/01

感想・レビューをもっと見る