読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中

吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中

吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中

作家
吉田直樹
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-02-07
ISBN
9784047333123
amazonで購入する

吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

neige

オーケストラコンサートの話で泣きました。最後の書きおろしのお話もとてもよかった。ゲームをプレイするだけでは知ることのない、ゲーム開発の裏側や、各種イベント開催までの背景、吉田P/Dやその他スタッフの想い等を知ることができる本です。読み終わってしまったのがさみしい…。

2019/03/18

ろっく

1はFF14が新生した時のものがメイン。2はゲーム製作や運営など、ビジネスに近い内容に。 元々吉田直樹という人が、FF14をプレイしていない人に見られることも想定して書かれているだろう内容なので、マニアやコア層に向けた内容ではない。 が、ゲームビジネスというものに興味がある人にはぜひ進めたい一冊。 優秀なプロデューサーの話なので、ライトなビジネス書としても読める。

2018/06/10

まれあ

FF14プレイヤーなので、開発裏話はとても楽しい。 それにプラスして、一人のビジネスマン/クリエイター/コンテンツプランナーとしてのお話がとても興味深い。 気持ちが強く出ているところでは、ほろっと泣きそうになることも。 メディアでは「いつまでたっても中二病」と自称していらっしゃることもあるけれど、その見識の広さに圧倒されます。

2019/06/30

Stephan170825

FF14プレイヤーとして前巻に引き続き読ませていただきました。大会社の執行役員として、FF14のP/Dとしていろいろな場面でのコラムはとても興味深いです。オーケストラコンサートのお話や紅蓮拡張のお話などは特に気になりました。相当にハードな活動をされていると思いますので健康に気を付けてもらって、この先も開発運営に吉田P/Dの顔が見続けていけることを期待したい思います。第3巻、第4巻も楽しみに待ちたいと思います。

2018/02/28

バケツと活字

約一年前から光の戦士のひとりなのだけれども、光の戦士としてよりひとりの社会人として心にグサッとくる内容がちらほらあり、とりあえず明日からの仕事頑張ります…

2018/02/18

感想・レビューをもっと見る