読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中

吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中

吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中

作家
吉田直樹
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-12-20
ISBN
9784047334427
amazonで購入する Kindle版を購入する

吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ビジネス書に対しての所感が割と同じだった。私もそういった本をバカにしているなんてことはないし(事実、読んでるわけだし)、読み手を嘲ろうとは思わない。しかし、極端にたかが一冊の本に傾倒し、他者を啓蒙しようと酔っているのはちょっとどうかと思ってしまう。どこかの古典で言っていたとおり「読書とは、人の頭で考えてもらい、自分の頭で考えなくなる行為」みたいになりうる。あまり本を読んだことのない人がビジネス書だけを読んだりするとそうなるのかな、とか思う。

2020/02/25

Jey.P.

エッセイ集。3巻の中で一番こなれてきてる。全巻通して読んでやはり一番興味深いのはチーム運営やスタッフのキャリア形成への問題意識がほの見えるところ。巻末の齋藤プロデューサーとの対談も面白い。

2020/12/06

じろう

シリーズ3冊読了。吉田直樹さんと齊藤陽介さんの2人のプロデューサーの対談を読んでいくと超興味深かった。同じ職でもプロデューサーとしてのゲームとの関わり方はかなり違い、それぞれが一長一短な考え方だった。ただ、2人とも目を輝かせて説かれるプレゼンには弱い、と言っていることから、ゲームに携わる人の「これは絶対面白い!」という熱量にゾクゾクすることがわかり、合理的かと思われるプロデューサーも、いちゲームクリエイターとして本能的な血筋はしっかりあるんだなぁと感じた。

2020/11/24

あっちん

ビジネス書として非常に参考になりました。特に、プレゼンテーションを聞く側からの視点というのはあまり聞くことがないので、非常にありがたかった!また、吉田氏がゲームを作るのもプレーをするのも楽しんでいる事が垣間見えて、良かったです。また機会があれば、吉田氏に「赤裸々」に書いていただきたいです。

2020/01/02

ひかるん🕊️

レガシー戦士かつ現役ヒカセンなので。連載初期に比べると文体がまとまってきて読みやすい。ヒカセン、吉田直樹ファン向けの一冊のようだが、スクウェア・エニックスの取締役がプレゼンテーションについての心構えをぶっちゃけていたりするので、ビジネス書としても読める(でも吉田はビジネス書そのものはあまり好きじゃないらしい)

2020/01/19

感想・レビューをもっと見る