読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私を連れて逃げて、お願い。 3 (ビームコミックス)

私を連れて逃げて、お願い。 3 (ビームコミックス)

私を連れて逃げて、お願い。 3 (ビームコミックス)

作家
松田洋子
出版社
KADOKAWA/エンターブレイン
発売日
2016-02-25
ISBN
9784047340107
amazonで購入する Kindle版を購入する

私を連れて逃げて、お願い。 3 (ビームコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひとみ

ヒメの猪突猛進の愛がオウジの呪いを打ち砕くという、どこに出してもおかしくないハッピーエンドでした。よくあの始まりからこの結末にと驚く。ハッピーエンドの陰にあるオウジと院長の関係は悲しいものを感じさせ、最後には粛々と刑を受けた院長の過去に思いを馳せたくなるのだった。

2016/02/26

MOTO

♬「信じられぬと嘆くよりも~人を信じて傷つくほうがいい」海援隊の歌を思い出した。 何があっても信じる気持ちって、強い。弱い子かと思っていた日芽ちゃんは最強に強いお姫様だった。

2022/07/05

ぶた

ごめん 愛しかない。。めちゃくちゃな話だけどこの苦しいくらいの胸を鷲掴みにされるような感覚は流石松田洋子でした

2016/03/19

たっきん

良かった。ハッピーエンドで本当に良かったよー泣 松田先生の描かれるちょっと悲しそうな切ないような、でも嬉しくてしょうがないといった感じの笑顔がすごく好きです。

2016/02/29

あさひ

バカだけど純粋。無知だけど純愛。ヒメとオウジの逃避行の終着地は?愛するふたり一緒なら生きていけるわ~と昭和歌謡のノリで涙が出てきた。幸せな終わり方で良かったです。

2020/05/05

感想・レビューをもっと見る