読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 7 (ビームコミックス)

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 7 (ビームコミックス)

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 7 (ビームコミックス)

作家
おおひなたごう
出版社
KADOKAWA/エンターブレイン
発売日
2016-07-25
ISBN
9784047342132
amazonで購入する Kindle版を購入する

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 7 (ビームコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

るぴん

仕事や進路について、食べ方絡みとはいえ珍しくシリアスにストーリーが進むなぁと思ったけれど、やっぱり笑える。「一番面倒臭いのはお前だ」と、近藤に言われた二郎。え〜、今さら⁈1巻からそれはずっと思ってたよ‼︎(笑)

2016/12/24

むつこ

「あー!めんどくさい主人公たちだ」と、嘆きながらも納得の7巻。今回は焼き鳥とソフトクリームがメインです。それにしても近藤さん、先に行ってて凄いです・・・

2016/08/26

T.Y.

今回のお題は調味料をいきなりかけるかどうか、焼き鳥はタレか塩か、ハンバーガーの食べ方、ソフトクリームは舐めるか噛むか。登場人物の人生も千夏が去って漫才コンビ解消したみふゆが女優デビュー、次郎の立場を脅かすキャラとして売れっ子俳優・黒野ホルム登場と波乱万丈。次郎のスーツアクター復帰により、近藤さんから教えを受ける原点回帰な展開も。食の面では、焼き鳥に各種タレ描写に取材と表現の密度を見た。しかし梯子して色んなものを立て続けに食べる場面が多いこと…食べきれるのか。そして次郎は仕事放棄しすぎ。

2016/07/24

葉桜

焼き鳥、タレか塩かってそういえばまだ取り扱かってなかったのか。「もう7巻かぁ」って思っていたけど、まだまだ食べ方のテーマありそうで嬉しくなった。じろちゃんとおなじく「タレ」っていうの恥ずかしく思ってたけど、タレに寝返りそうだ。

2016/08/13

うどん

たしかに塩派に対する偏見は自分にもあった・・・。ぬり絵好き。

2016/08/13

感想・レビューをもっと見る