読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ガールズシンフォニー ~少女交響詩~ (ファミ通文庫)

ガールズシンフォニー ~少女交響詩~ (ファミ通文庫)

ガールズシンフォニー ~少女交響詩~ (ファミ通文庫)

作家
深見真
真奈乃マナマナ
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-08-30
ISBN
9784047347175
amazonで購入する

ガールズシンフォニー ~少女交響詩~ (ファミ通文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サケ太

非常に良いノベライズ。ソーシャルゲーム『ガールズシンフォニー』の世界観を分かりやすく説明しながらも、世界観を固めるのに非常に役に立つ。個性豊かな演奏家、音精たち、そして今作オリジナルの主人公である、指揮者のベルタ・ワルター。音楽が力を持つ世界で、その力の独占を狙う「文明ギルド」との戦い。迷い、誤り、葛藤を抱きながらも、ベルタはコンバットオーケストラを率いて戦いを挑む。深見真先生らしい物語の展開や設定はわくわく。指揮者の役割を巧く描いている。更に世界観が広がる作品。拷問は大事。百合はもっと大事!

2017/08/30

HANA

音楽に宿る力を巡った戦いの話。元はブラウザゲームのノベライズ作品でそのゲームはやったことないけれど、書き方が上手いので難なく入っていけた。ちょいちょい描写についていけない部分はあるけれど内容は面白かった。続くならまた読んでみたい。

2017/09/20

真白優樹

音楽に宿る力を巡り、科学と演奏者に精霊の連合が争う世界で落ちこぼれの少女が戦闘に加わり、始まる物語。―――魅せつけろ、音楽に宿る無限の力。最近増えてきたブラウザゲームのノベライズ、その一つであるこの作品は、主に百合を思わす女の子同士の絡み合いや、敵にも味方にも容赦のない戦い、そして音楽の力を信じ戦い抜く少女達の鮮烈な姿が高いレベルで描かれており、恐らく未プレイの読者様でも楽しめるであろう作品へと昇華されている。まだ歩き始めたばかりの少女達、これから先、彼女達はどんな戦いに向かうのか。 次巻も楽しみである。

2017/09/07

barcarola

ファンタジー世界のオーケストラ? と思って読んでみたのだが……物語性が何も感じられず。ゲームのノベライズだったようで、そちらを知らないと楽しめないように思う。

2018/03/25

電柱の影から見守る系男子

ゲームと変わらず、メンデルスゾーンさんが楽しそうで何よりです。

2017/09/03

感想・レビューをもっと見る