読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ショートストーリーズ 僕とキミの15センチ (ファミ通文庫)

ショートストーリーズ 僕とキミの15センチ (ファミ通文庫)

ショートストーリーズ 僕とキミの15センチ (ファミ通文庫)

作家
井上堅二
庵田定夏
綾里 けいし
石川 博品
岡本 タクヤ
九曜
佐々原 史緒
更伊俊介
三田 千恵
竹岡葉月
羽根川牧人
御影瑛路
水城 水城
野村美月
森橋ビンゴ
田口仙年堂
築地俊彦
伊東 京一
久遠 侑
くさなぎ そうし
竹岡美穂
閏月戈
フルーツパンチ
kona
NOCO
葉賀 ユイ
ミユキ ルリア
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-10-30
ISBN
9784047347472
amazonで購入する Kindle版を購入する

ショートストーリーズ 僕とキミの15センチ (ファミ通文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

「僕とキミの15センチ」をテーマに総勢20名の作家が参加して描かれたショートストーリー集。同じテーマで書いていても著者さんそれぞれで着目点が違ったり、作品にらしさがよく出ていてとても興味深かったですが、個人的には九曜さんや三田千恵さん、久遠侑さんあたりの青春小説は今後も期待したくなりましたね。そして何よりもう読めないと思っていた東雲侑子シリーズと文学少女のエピソードが読めたのは嬉しかったです。一つ一つの作品がもう少しボリュームあると良かったかなとは感じましたが、全体としてみれば十分満足できる一冊でした。

2017/10/27

まりも

15センチをテーマにしたファミ通文庫に縁の深い作家さん達によるショートストーリー集。初っ端から綾里さんというサプライズ。爽やかで、それでいてほんのり甘酸っぱい。そんなストーリーだけではなく、著者それぞれの個性がはっきりと出ている様々な物語からなる今作。ショートストーリー集ながら中々に読み応えのある1冊でした。何より嬉しかったのは文学少女や東雲侑子シリーズのその後を読めたことですね。何だか胸がいっぱいになりました。欲を言えばもう少しボリュームがあれば完璧やったけど、ショートストーリー集やから仕方がないか。

2017/10/30

寂しがり屋の狼さん

『15センチ』をテーマに総勢20名の作家が手掛けたショートストーリー集。相手の体温もその息遣いも感じとれる…半歩踏み出せば、ほんの少し手を伸ばせば触れる事が出来るのに、触れてしまえば今ある何かが壊れてしまいそうな…2人の間にある15センチ。同じテーマで描かれいるのに、どの作品も作者の個性があって面白かったです(*^^*)そして、大好きな作家である『野村美月』さんのの文学少女も収録💓(≧▽≦)遠子先輩と心葉君!2人のやり取りにニヤニヤが止まらない(笑)

2020/05/06

むっきゅー

「15センチ」にまつわる、20人の作家による短編集。淡い青春ものからラブコメ、ドロドロ恋愛、SF、有名作品の後日談などいろんな話が楽しめます。三田先生と伊東先生、久遠先生の3作品は、甘酸っぱい恋愛ものでボクが特に好きなヤツでした。また、田口先生と庵田先生の作品は、ラブコメのニヤニヤできるシーンを圧縮した感じで、これまたうれしい一品。もちろん他の作品もすごく斬新なアイディアでおもしろく、テンプレ展開なんかひとつもありません。そして、最後の三作品は文句なし。前作のファンは是非とも読むべし。

2017/11/10

まるぼろ

総勢20名の作家による「僕とキミの15センチ」をお題にしたショートストーリー集です。一つの作品はすぐ読み終えられますが、全体で400ページ超ある作品集なのでそれなりに読み応えがありました。どれも面白いお話でしたが個人的に好きだった話は更伊俊介さん、久遠俑さん、田口仙年堂さん、三田千恵さん、羽田川牧人さん、それにバカテスや文学少女に東雲侑子などなど。特に森橋ビンゴ先生の話はいよいよ英太や東雲さんも人の親になるのか、などと感慨深い物がありました。また違ったお題でこういった短編集を読めればと思います。

2017/12/22

感想・レビューをもっと見る