読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ハルタ 2018-DECEMBER volume 60 (ハルタコミックス)

ハルタ 2018-DECEMBER volume 60 (ハルタコミックス)

ハルタ 2018-DECEMBER volume 60 (ハルタコミックス)

作家
長蔵ヒロコ
樫木 祐人
namo
佐野菜見
大武 政夫
九井 諒子
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-12-15
ISBN
9784047351509
amazonで購入する

ハルタ 2018-DECEMBER volume 60 (ハルタコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

すけきよ

「ダンジョン飯」>縮んだマルシルと伸びたセンシが最高

2018/12/17

むきめい(規制)

猫かわいいな。

2019/01/30

まめむめも

初読。分厚かった。しかも青騎士も分厚かった。次できちんとお話終わらせてくださいね。『ダンジョン飯』びっくり展開。声出して笑っちゃった。『北北西に曇と往け』怖い、先が気になる。『ふしぎの国のバード』和紙に書いた字は濡れても乾けば元通りとは知らなかった。『サーカスの娘オルガ』いきなり戦場でびっくりしたよ。『燕のはさみ』ニヤニヤしちゃう。

2019/01/24

Rieko Ito

ニコラの、押し付けがましくなく可愛らしい感動路線は不動の面白さ。大人編のオルガ、当初はどうなることかとびっくりしたが、歴史のうねりの中の物語が子ども時代とはまた違った面白さがあっていい感じ。

2018/12/27

蝉、ミーン ミーン 眠ス

森薫さんの描く猫リアルっちゃリアルなんだろうけど、創作物の中のそれに慣れている側からすると可愛くはない。

2018/12/15

感想・レビューをもっと見る