読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

培養肉くん 1 (ビームコミックス)

培養肉くん 1 (ビームコミックス)

培養肉くん 1 (ビームコミックス)

作家
宮崎夏次系
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-09-28
ISBN
9784047353305
amazonで購入する Kindle版を購入する

培養肉くん 1 (ビームコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Bo-he-mian

夏次さんいつの間にか新作描いてるんだからモウ! てか連載いくつ掛け持ってるの? という事で夏次系節全開のシュールSFの開幕。廃墟と化した世界で小説を書いている木下の部屋にある日「培養肉くん」(ボールに足が生えたクラゲみたいなやつ)が。しかし木下は肉が食えないので「おにく」は同居人に。さらに20年以上メールのやりとりしながら一度も会った事がなかった担当編集の九森は人喰いエイリアンだった! そんな中、木下の自宅(兼・宇宙船)は自動操縦で空高く舞い上がってしまい、自宅のあった場所の地下に降りて行くと…(つづく)

2019/01/06

毒餃子

普段の夏次系よりもソフトで読みやすい。しかし、SF度合いは結構、ハードで面白い。次巻でどんな展開になるか、非常に楽しみです。

2018/09/29

ささやか@ケチャップマン

この人の長編は、意味わかるって訊かれると、わかんない、って答えるしかない(笑)。

2020/05/09

kanon

「あのイワシって食べられるの?」「や チタン製です」。宮崎さんにしか描けない空気感と世界観。それだけで読む価値はある。最後は何となくミステリーになってきて、普通に先も気になる。

2019/12/04

プロムナード

とっくの昔に壊されてしまったから、もはや僕らを脅かす現実のなくなった、静かで気持ちのいい世界。

2018/12/23

感想・レビューをもっと見る