読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

浪漫ティック・雪 水樹和佳子ベスト自選傑作集 (ビームコミックス)

浪漫ティック・雪 水樹和佳子ベスト自選傑作集 (ビームコミックス)

浪漫ティック・雪 水樹和佳子ベスト自選傑作集 (ビームコミックス)

作家
水樹和佳子
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-09-28
ISBN
9784047353336
amazonで購入する Kindle版を購入する

浪漫ティック・雪 水樹和佳子ベスト自選傑作集 (ビームコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

俺にとって水樹和佳子は、何はともあれ『イティハーサ』! 当時は水樹和佳名義で(今でもそちらのペンネームに親しみを覚える)、夢中になって読んだもんだ。この自選傑作集には、代表作「樹魔」、その続編で星雲賞受賞作「伝説」、ポーの「アナベル・リー」からインスパイアされた「海のほとりの王国で…」と続く「シェラの空間」、そして初収録となる表題作で構成されている。やはり、「樹魔」と「伝説」が素晴らしい! 「記憶は……雨に似ていた……」とか「精神こそが進化の指標です」とか、セリフもグッと来る。(つづく)

2018/10/08

檸檬

表題作以外は再読。表題作の主人公が樹魔のフレミング博士に見えてしまう。

2020/02/28

感想・レビューをもっと見る