読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 12 (ビームコミックス)

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 12 (ビームコミックス)

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 12 (ビームコミックス)

作家
おおひなたごう
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-05-11
ISBN
9784047356603
amazonで購入する Kindle版を購入する

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 12 (ビームコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しぇん

気にした事も無かった小ネタから話を広げてくれた作品も完結。改めて考える事の重要さを学んだりしたりしました。最終話の目玉焼きへの繋がりかたと、最後の最後までの問いかけかたで終わるのは見事でした。

2019/09/08

HK

完結。「食べ方のこだわり」をネタにしたエキセントリックなギャグマンガとしてはじまり、ギャグテイストはそのままに「違いを認めること」「他者を受け入れること」をめぐるビルディングスロマンへと昇華されていくスリルがたまらなかった。最初はおそろしく不愉快な(こういう感じに話通じないひといるよねという戯画的なリアリティがある)主人公のキャラ造形自体が成長物語のスプリングボートになっているし、ある種の「生きづらさ」を持つ人を美化もせず馬鹿にもせず見つめる物語としてもとても良かった。

2019/05/11

勧善寺藍(かんぜんじ あい)

とうとう12巻で最終巻。ゴローちゃん、みふゆちゃんよかったね。お幸せに。早くも次作が楽しみです。

2019/07/02

Chihoish

TVBros.の「俺に血まなこ」からGOセンセイの大ファン。この作品はアニメ化、ドラマ化と一番メジャーな作品になったのかな。披露宴の料理披露宴の料理披露宴の料理…どうなることかと思ったらなるほどみんなで目玉焼き焼くとはよいラスト。「色・ホワイトブレンド」ネタ久々。ものすごく筋子が食べたくなった。全話中で好きなエピソードは「焼き鳥はタレ派? 塩派?」。またマニアックな作品も読みたいな。それにしてもセンセーは達筆すぎる。日ペンの美子ちゃんをやっているのだろうか。

2019/08/21

chmod

フード・ソウル・ロマン!

2019/07/13

感想・レビューをもっと見る