読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

北北西に曇と往け 5 (ハルタコミックス)

北北西に曇と往け 5 (ハルタコミックス)

北北西に曇と往け 5 (ハルタコミックス)

作家
入江亜季
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-01-15
ISBN
9784047362635
amazonで購入する Kindle版を購入する

北北西に曇と往け 5 (ハルタコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

次期掲載誌が決まったようで良かった。お知らせシートが入っているのが暖かい。物語は世界を変えたラキの火山噴火から。リリヤの音楽に浸ってみたりしているうちに、やや唐突に弟・三知嵩が現れ、共に暮らすことに。ちょっとした探偵仕事をこなしているうちに・・・。すっかりリリヤにコントロールされてる慧、傍目にも心地好い顔をしているようだ。弟くんも一緒に暮らしている分にはごく普通の少年なんだがなぁ。そうか、まだ無実の可能性もあるのか。補遺5編も飄々とした日常でいいな。ジャックのエピソード、そりゃモテるわ。

2021/01/16

オレンジメイツ

いつか行きたい国が増えた。アイスランド。リリヤの歌の場面の景色が美しくて音が聴こえてくるようだった。三知崇の事件も気になる。

2021/01/16

泰然

雄大な自然が躍動するアイスランドを舞台に、衣食住、探偵、青春と盛り沢山のテーマで語られてきた本作は転換点に突入。日本人離れしたポテンシャルを持ちながら美人が苦手な主人公、慧はようやくリリヤとの良い距離感を掴みだしたと思いきや、突然の弟・三知嵩の登場で…。時に思ったのがこの作品は女性読者のほうがよりウケの良さが更に出るのだろうなということ。背が高く、目が綺麗、情に厚く、頭も腕も良いが、どこかで心の隙間を抱える兄と、欧風美少年で人を惹きつける才能とダークさとブラコンの弟。旅の香りと純粋さが誘う。類なき魅力だ。

2021/01/24

るぴん

慧とリリヤはラキ火山へ。リリヤのチェロも歌声も聴いてみたいなぁ。だいぶ2人の距離が縮まったかな。そして帰ってきた三知嵩に慧がずばり尋ねる。う〜ん…三知嵩のあの表情だと本当にやってないのか?本人に自覚なくやってしまうのか?不穏な終わり方で、続きが気になる。

2021/01/21

毎日が日曜日

★★★★ アイスランドの自然。リリヤの歌。弟の逮捕。

2021/01/17

感想・レビューをもっと見る