読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

むすぶと本。 『夜長姫と耳男』のあどけない遊戯 (ファミ通文庫)

むすぶと本。 『夜長姫と耳男』のあどけない遊戯 (ファミ通文庫)

むすぶと本。 『夜長姫と耳男』のあどけない遊戯 (ファミ通文庫)

作家
野村美月
竹岡美穂
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-07-30
ISBN
9784047367043
amazonで購入する Kindle版を購入する

むすぶと本。 『夜長姫と耳男』のあどけない遊戯 (ファミ通文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

中学二年生の夏に出会った、はな色の本を忘れられずにいた榎木むすぶ。そして中学三年生の夏、むすぶは再び北陸の地を訪れる第三弾。悠人先輩の妹・蛍やハナを交えたやりとりや、女の子にモテモテな若迫くんの恋愛相談、悠人先輩の初恋、そしてむすぶと夜長姫との再会、悠人先輩の遠縁の親戚で、次々との男をたぶらかすお嬢様・鏡見子。流人や千愛といった文学少女ファンには懐かしいキャラたちのその後も盛り上がりましたけど、何より夜長姫と思いを交わすようになるまでのきっかけのエピソードもなかなか鮮烈で、改めてここからの続巻に期待です。

2021/07/28

真白優樹

中学二年生の時にはな色の本に初恋をし、一年後にその本を追い東北の地を訪れたむすぶの過去が描かれる今巻。―――運命の出会いは吉か凶か、その出会いに意味はあるのか。 悠人先輩や若迫君のそれぞれの恋の形をふんわりと語り、懐かしき人物のその後も描かれる中、あまりにも重きに過ぎるむすぶと夜長姫の出会いが語られる今巻。むすぶと鏡見子、二人の違いは何だったのか。どこか心重く、寂寥感のある風が吹き抜ける中、何かを考えさせられる巻であり、今までとは毛色の違う面白さがある巻である。彼等の今後とは。 次巻も勿論楽しみである。

2021/08/01

藤崎

今回は、ふんわり系の短編3つと、ついに明かされる始まりのお話。メインが全力でシリアスなので前段階で軽く上げてくれる構成が中々心憎い塩梅。そして軽くても薄くはないというか、これまで出てきた登場人物の厚みが凄くて、まさかのあの人まで、みたいな嬉しいサプライズも。そして・・・どれだけ鮮烈な出来事も、続けばやがて色あせて。手に入らないからこそ希い、手に入らないからこそ苦しんで。彼女は最後に、物語を閉じる時のような、あの充実した寂寞を得て、「本になれた」のだろうか・・・なんて。静かに胸に抱きたくなるようなお話でした

2021/07/30

感想・レビューをもっと見る