読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

分光器 伊図透作品集 (ビームコミックス)

分光器 伊図透作品集 (ビームコミックス)

分光器 伊図透作品集 (ビームコミックス)

作家
伊図透
出版社
KADOKAWA
発売日
2022-02-12
ISBN
9784047369108
amazonで購入する Kindle版を購入する

分光器 伊図透作品集 (ビームコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

コロナ禍で描かれた伊図透作品集。そもそも分断は、伊図透の作品に共通して登場するモチーフだ。青春譜から復讐譚、イマジネーションが炸裂するSFだろうが、そこには世界を分ける線が引かれ、壁が立ち塞がっている。その線に、壁に、苛立ち、戸惑い、諦め、挑む人々が、時に飄々と、時に熱く描かれている。伊図の漫画には、未来を、異世界を舞台にしていようが、そこに懐かしさが存在している。それは忘れてしまった何かを、伊図が描いているからだ。だから甘さだけではなく、痛みもある。(つづく)

2022/02/20

Ex libris 毒餃子

鉄道とモノローグの濃さが作者の魅力。

2022/03/02

Tenouji

現代的な弱さというものを、こういう視点で、こういう切り取り方をするんだと、感心して読んだ。

2022/05/05

ReiOdaira

箱型丸目が一番好きかな。

2022/11/01

緑虫@漫画

★★★ 一番好きなのは「エイス "エリン・ブロコビッチ未満"篇」

2022/03/18

感想・レビューをもっと見る