読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ペネロピアド (THE MYTHS)

ペネロピアド (THE MYTHS)

ペネロピアド (THE MYTHS)

作家
マーガレット・アトウッド
Margaret Atwood
鴻巣友季子
出版社
角川書店
発売日
0000-00-00
ISBN
9784047915091
amazonで購入する

ペネロピアド (THE MYTHS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

viola

カナダ人女性作家マーガレット・アトウッド(初読)が書き上げた、ぺネロぺサイドの小説。あれ、思いのほか語り口が軽く、とても読みやすい。普段の鴻巣訳と全く違い軽妙な感じなので、原文が変わっているのでしょうねー。なぜ12人の女中が皆殺しにされたのか、その理由は結局シンボル説に。確かにもっとしっとりとしたなんというか「けなげに夫を待ち続ける妻だけれどたまに揺らぐ女心」的な小説も読んでみたいけれど、これはこれで面白いかな。ペネロピア、ド?と思っていたら、イリアッドのドから来ているらしいです。

2012/11/10

星落秋風五丈原

紀元前8世紀頃の古代ギリシア叙事詩のひとつで、詩人ホメロスがトロイア戦争を描いた「イリアス」の続編にあたる、壮大な冒険物語「オデュッセイア」。英雄オデュッセウスの妻であり、トロイア戦争の原因となった絶世の美女ヘレネを従姉にもつペネロペイアは、そのなかで徹底的に貞節な妻として描かれている。夫オデュッセウスがトロイア戦争に出征して20年余り、ひとり孤独に待ち続けた日々。その間、王なき王国イタケーを守るため噂話に耳をふさぎ、向こう見ずな息子を育て財産目当てに押し寄せる数多の求婚者たちを必死に追い払う。

2006/02/06

Ecriture

ホラー映画を観た後にうしろを振り返るのが怖くなることがある。しかしそれは大抵幽霊やら殺人鬼が出てきて背後から襲われるのではという程度の恐怖でしかない。アトウッドの『ペネロピアド』はそうではない。これを読了した後、後ろを振り返ることは恐ろしくてとてもできないのだが、その恐怖は「これから自分が殺されるかもしれない」というものではなく、「既に自分が殺してしまった」という罪の意識から来ている。この作品にこもった怨念は私がどのように生まれ変わったとしても「後をついてくる」だろう。それだけのことを私はしたのだ。

2011/05/23

Sweetfish

I was particularly fascinated by the theory of lunar cult and its overthrow by patriarchy as discussed in the book as the form of an anthropology lecture. It should be safe to assume Odyssey as the myth was male centric and devoid of female voice.

2019/08/05

Mana

ギリシア神話でオデュッセウスの帰還を20年間待ち続けた貞女の鑑とされるペネロペイアの視点から、この物語を語りなおす。ル・グィンのラウィーニアを思い出す。妻側の視点から語りなおすという段階で予想されるように、従来の物語への異議申し立てがベースとなってる。このペネロペイアのキャラクターは結構好き。

2018/10/21

感想・レビューをもっと見る