読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)

作家
坪田信貴
出版社
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
発売日
2015-04-10
ISBN
9784048650953
amazonで購入する

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hiro

気になっていた本だったが、映画の公開も近づき、文庫化されたこの本を読むことにした。すぐに寝てしまうだろうと思いながら、深夜2時過ぎに読み始めたが予想以上に興味をそそられ、4時すぎまで一気に読み続けた。実際のさやかちゃんの受験では、運・不運があったが、見事慶應大学に入学できたのは、彼女の一年半という長い間の努力の賜物だ。あらためて努力の大切さを教えてくれた。日本史の学習方法として、本当に『学習まんが少年少女日本の歴史』が大学受験に役立つのだろうか気になったので、書店で実物を見てみようと思う。

2015/04/18

ユザキ部長

「私のした経験を数奇なものととらないで、ご自分の世界に、是非重ね合わせてみて下さい」さやかちゃん!良かったね。この言葉が出てくるのなんてスゴいね!!ああちゃん、先生、周りの友達。みんなに感謝。そしてパパ。ブルガリの時計も素敵だけど、だっさいデジタルの時計も宝物ですね。おめでとうございます。

2015/06/06

おいしゃん

悔しい!本屋で見るたび小馬鹿にしていたのに、結局ブームにのって買ってしまったのも、読み終えてボロボロ涙してしまったのも悔しい。著者の塾の宣伝なのでは?とか、明らかにモンスターペアレントだろとか、ツッコミどころは多いが、この本の良さは、さやかちゃんの素直さに尽きる。私も慶応受験にあたり、ストレスで髪の毛がパーマした(実話)ほど勉強したが、入ってみると「良い変人揃い」で、本当に恵まれた環境だった。慶応受験を考えている人も含め、全ての受験生に読んでもらいたい。

2015/06/17

AIRE

2015年刊。単行本からの省略があるとは知らずに図書館で借りました。2013年刊の同タイトル単行本から、第4章の受験メソッド部分を省略してスリム化、巻末付録の坪田子規人材育成のためのテクニックもカット、文庫版向けの後書きと付録を追加。生徒を指導して慶応義塾大学に合格させた塾講師視点のストーリー。ビリギャルは高校2年生の夏休みに塾に入り、高校3年生の夏休みまでの一年間に英語の偏差値が30から70に上がった事をタイトルにしています。塾講師の立場で、生徒の家庭の問題をこんなに気にかけていないといけないとは。

2019/09/29

takaC

単行本にあったややこしいパートがばっさりカットされてドキュメンタリー限定になってて読みやすかったけど、うちの子もさやかちゃんと似たようなもんだからあまり感銘は受けなかった。そもそも大学合格がゴールじゃないしね。

2015/05/19

感想・レビューをもっと見る