読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

STEINS;GATE 線形拘束のモザイシズム (電撃ゲーム文庫)

STEINS;GATE 線形拘束のモザイシズム (電撃ゲーム文庫)

STEINS;GATE 線形拘束のモザイシズム (電撃ゲーム文庫)

作家
海法紀光
huke
5pb.×ニトロプラス
出版社
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
発売日
2014-04-10
ISBN
9784048661805
amazonで購入する

STEINS;GATE 線形拘束のモザイシズム (電撃ゲーム文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヤギ郎

『STEINS;GATE』は面白いんだけど、岡部の妄想(つまり、鳳凰院凶真としてのセリフ)をがなかったらすごく読みやすいと思う。彼の妄想は一体本全体の何割を占めているんだろう。アニメ『STEINS;GATE』は何度も見ました。最終話でいつも泣いています。今回は紅莉栖の扱いがいまいちだと感じました。いいやつならいいやつでいて欲しかった。途中で多重人格(?)を起こしてなんかなー。この物語が土台としているものはすごく複雑だと思う。それを文章にした作者さんの技量に頭があがりません。他のノベルも読んでみたいです。

2015/09/08

enter

ゲームクリアしたので読んでみました。最初にいたα世界線内での少し違った世界線での話なのかな?ifの話なので今まで脇役だった人にもスポットライトがあたっていてそういう面では楽しめるのかなおもう。でもストーリーとしては話のオチがイマイチだったりとやはり物足りなさを感じざるを得ない。あくまでスピンオフとして見る分にはいいんじゃないかなと思います。

2015/02/20

紅羽

線形拘束のフェノグラムのノベライズ。ゲームはPS3版をプレイ済み。多分フルコンプしたはず…。読みにくいわけではないのに読了まで結構長くかかってしまいました。ゲームをプレイしたのが去年の夏なので記憶があやふやですが、途中からゲームに無かった要素が混じり、本当にノベライズなのかなと思いましたが、新しい「もしも」の世界だと割りきると面白かったです。ただ、何か物足りなさが残ります。

2014/08/02

BIN

線形拘束のフェノグラムのノベライズ版かなと思わせておいて、ところどころフェノグラムの要素を使用した別物。ゲームの方ではどちらかというとオカリン脇役なのだが、今作では主人公で格好いいオカリンが見れる。ゲームよりこちらの方が面白かった。未来紅莉栖は微妙でした。もう少し深みが欲しかったか。4℃まで救うとはさすが。

2014/05/09

みすず

シュタゲ♪今回もhukeさんの表紙イラスト最高!・・・って盛り上がった分なんだろ、このガッカリ感。ぶっちゃけゲームは1つもやっていなくてアニメから入って紅莉栖派です。まゆりターンだから?イヤ違うキャラが微妙にどれも違うんじゃ!

2015/05/14

感想・レビューをもっと見る