読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

招き猫神社のテンテコ舞いな日々 (メディアワークス文庫)

招き猫神社のテンテコ舞いな日々 (メディアワークス文庫)

招き猫神社のテンテコ舞いな日々 (メディアワークス文庫)

作家
有間カオル
出版社
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
発売日
2014-11-21
ISBN
9784048691192
amazonで購入する Kindle版を購入する

招き猫神社のテンテコ舞いな日々 (メディアワークス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

七色一味

読破。この作家さんは『魔法使いのハーブティー』以来二冊目となる作品。いくら化け猫とはいえ、毒殺しようとしたりは、動物愛護団体からクレーム来そうなんですが(まぁ、化け猫じゃ来ないか?)。それにしてもこの手の作品では、大抵主人公は、終わり頃には「いい人」になってそうなもんなんですがねぇ。なかなか悔い改めてくれません。

2015/10/17

優花 (@⌒~⌒@)モグモグ

最近は、ガッツリ読書を楽しむというよりは、軽めの本を楽しむ感じです。軽く読め、目付きの悪いブサイクな化け猫。口が悪いけれど憎めない、可愛らしい仔猫の化け猫たち。化け猫たちと主人公の掛け合いにほのぼのします。

2015/11/21

papako

電子書籍セールで気になって。起業に敗れて都心から郊外のなんちゃって神社に。そこには招き猫と化け猫がいた。最初は化け猫虎や主人公の喋り方が気になっていたけど、だんだん変わっていく主人公に好感度があがりました。グレイ×2匹のたたみかける罵詈雑言が楽しい。決していい子ちゃんになったわけでも心を入れ替えたわけでもないのに、周りに関わることで何かが変わった主人公。うん、なかなか楽しい。

2019/01/18

Ammie as 妹子⛪

立ち上げた会社が潰れた結果、化け猫が住み着いた神社を管理することになった青年の物語。かわいいんだけど猛毒な化け猫たちがとにかく面白い! なんだかんだでこの町に馴染んでる主人公。怖いシーンもあったけど、終わってみればほっこり。続編も積んでるから早めにいこうかな。

2018/12/18

はつばあば

久々に読了するのに時間がかかった。昨日は生協・今日はマッサージと家にいながら用事が済むのはいいが・・忙しい。内容も寂れた神社に住む化け猫さんと、起業した会社が倒産し都落ちしてきた青年が同居することになった。ツンデレ猫の虎と口達者な双子の?子猫。それぞれが慣れ合わないって状況の本て滅多にあるものでは無い。それが読むのに時間が掛かった原因かもしれない。明日は絶対鬼滅の刃を読了するぞ!

2020/06/05

感想・レビューをもっと見る