読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ファイナルファンタジーXIV きみの傷とぼくらの絆 ~ON(THE NOVEL)LINE~ (電撃文庫)

ファイナルファンタジーXIV きみの傷とぼくらの絆 ~ON(THE NOVEL)LINE~ (電撃文庫)

ファイナルファンタジーXIV きみの傷とぼくらの絆 ~ON(THE NOVEL)LINE~ (電撃文庫)

作家
藤原 祐
いとうのいぢ
スクウェア・エニックス
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-06-09
ISBN
9784048694483
amazonで購入する Kindle版を購入する

ファイナルファンタジーXIV きみの傷とぼくらの絆 ~ON(THE NOVEL)LINE~ (電撃文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スズ

無気力な大学生の壱樹と、交通事故で足が不自由になってしまった車椅子の少女朝霞が、FF14を通して仮想世界と現実世界で絆や愛を育んでいく物語。新人冒険者だった壱樹がFFで出会った仲間達と友情を築きながら、倒れ伏した自分に一番最初に手を差し伸べてくれた朝霞とボス戦やダンジョン・クエスト攻略等で共に世界を駆け、現実世界では歩く事も出来ず孤独の殻に閉じこもるしかなかった彼女を光の当たる暖かな世界に連れて行こうと頑張る姿が素敵で、いつの間にか互いに惹かれあっていく二人が前へ前とゆっくりと一緒に歩いていく姿が最高。

2020/10/25

真白優樹

従姉に無理やり巻き込まれたオンラインゲームを始めた少年が、現実では暗く仮想世界では明るい少女に出会い始まる物語。―――二つの世界の交錯の先、絆は繋がり歩き出す。超有名オンラインゲームを舞台にしたこの物語は、現実世界と仮想世界の交錯する先、絆を繋ぎ多くの人々の絆を結んだ少年と少女が、背を押し、押され共に歩き出す綺麗な物語である。仮想の世界だって本物だから。だって、こんなにも皆がいるから。きっとこの先も、この二人なら手を繋いでいる限り大丈夫だろう、2人でどこまでも往くとしても。 うん、最高に面白かった。

2017/06/11

みどり

私はFFはオンラインになってからは全然やってないけど、Ⅹ2までは普通にプレイしていたので、説明個所はちょっと読み飛ばし気味。でも、物語としてこれは面白かった。今後もMMOはやらないだろうな、と思うけど。(今はSRPGどまり)作者(ノベライズした作家さんも、絵師さんも)買いした部分もおおいけど、心がほっこりした話だった。大人と子供の狭間の、「人生の夏やすっみ」という言葉はとても気に入った。

2017/06/11

藤崎

世界は人が形作る。そんなありふれた特別を描いた、FF14のノベライズ。題材へのリスペクトやストーリーの完成度やヒロインの可愛さ等は流石の一言。そして私はFF14は未プレイですが、逆に自分の経験というフィルターなしで文章から滲み出る作者さんのこの世界に対する信頼みたいなものを受け取れてこれはこれでよかったかと。だからこそ例えば終盤の展開とか、物語としては綺麗すぎる印象も受けましたが、これは実際に起こりうると、読者に「現実」の素晴らしさを知ってほしいと呼び掛けるかのようで。そんな前向きな信頼に満ちた作品でした

2017/06/10

流蓮

FF14どころかMMO未経験ですが、とても楽しく読めました。顔や本名を知らない相手との交流があんな心暖まる展開に繋がるなんて。FF14がやってみたくなる1冊でした。読み切りなのでしょうか。シリーズ化しちゃってもいいと思います!

2017/07/07

感想・レビューをもっと見る