読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

霧こそ闇の (メディアワークス文庫)

霧こそ闇の (メディアワークス文庫)

霧こそ闇の (メディアワークス文庫)

作家
仲町六絵
出版社
KADOKAWA
発売日
2011-05-25
ISBN
9784048704953
amazonで購入する Kindle版を購入する

霧こそ闇の (メディアワークス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hirune

途中までは暗いしちょっと残酷場面はあるし悪い予感しかしなくて苦痛だったんだけど、最後はなんか純愛物語になってて思わず泣かされました(/ _ ; )狭霧は健気で一途だし、義伯もとっても度量の大きい良い男でした☆それにしても生きてる奴はともかく、死んでまで面倒くさいやつが多い^^;力丸といい色ボケ行者のジジイといい★死んだくせに祟るとか可愛げがないよ!

2016/01/08

巨峰

戦国奈良筒井家を舞台にした伝奇小説にして、夫婦小説。内容もしっかりしており、かといってマニアックにならずにいい案配。これがデビュー作とは思えないほどに素晴らしい。

2012/05/29

(不使用アカウント)

『からくさ図書館』が気に入ったので読んでみた。好きだな、この世界観。初めはなんだかほほえましく、ゆったり読んでいたのだけど、とある部分から一気に引き込まれてドキドキ。そしてラストは切なくて、泣きそうに(ノω・、) ・・・でも、きれいでいい終わり方でした。幸せになってほしかった気もするけれど、これでよかったのかもしれないね。

2014/12/04

みかん

からくさ図書館とはまた全然雰囲気も違っていて良かった。妖が視える典医の妻。狭霧の身の上故にそうせざるおえなかった選択がせつなかった。ラストは悲しくも二人の究極の愛のかたちでした。

2016/12/07

nana

暗いし残酷なんだけど、狭霧の健気さで読み切れました。ラストのシーンでは切なくて泣かされました。力丸、こんなところに…(^_^;)。鷲王は大丈夫なのかしら、普通でいられたらいいな。

2016/01/20

感想・レビューをもっと見る