読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

終末のパラドックス

終末のパラドックス

終末のパラドックス

作家
桂木希
出版社
角川グループパブリッシング
発売日
2008-09-26
ISBN
9784048738835
amazonで購入する

終末のパラドックス / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

🦈サト🦈

【ギックリ腰から復活しながら感想】図書館をプラプラしながらテキトーに手に取った本。タイトルだけで借りた。いやあなかなかに面白かったです。ちょっと読みにくい感じはあったけどね。非常に面白かったが、ギックリ腰になってしまったのでなかなか読み進められなかった。 テキトーに手に取ったにしてはよいものを読めてよかった。

2016/11/04

エリク

CIAや公安・テロといったスパイシーなものが大部分を占めつつも、最後は祖父の代からの符丁というロマンチックなもので終わる物語の構成は感動しました。登場人物一人ひとりが、暗い過去・因縁ある過去を抱えつつも前へ向かって努力している姿には驚きを覚えます! 祖父のテロを起こすまで・起こした後を綴る感情、また娘の祖父に対して抱えている暗い感情に気を付けながら読むとさらに面白いかもしれません!

2019/07/21

おのちん

★★★☆☆:題材は好みなのだが読みにくかった一冊。もったいないと思った。

2014/09/03

Koike Katsuya

小説「ジェノサイド」や映画「メッセージ」と似た思想性を感じる。しかし、物語が面白いかというと・・

2018/02/13

りんご

思ってたよりずっとスケールが大きかった。国外でドンパチやってるのは(知らないから)(あー、そういうこともある国なのかなー)と思うけど、国内の描写になると急に(いやいやいや)ってなってしまうなあ。私よ、フィクションなのだからいいじゃないか。 エネルギー問題に端を発してるってのは良いですね。私も温暖化には憂いてますよ(笑) こういうのは「国際謀略小説」と言えばいいようです(作者紹介より)。なるほど。 ちょっと文章の言い回しが受け入れにくいとこがあるなあ。

2017/12/03

感想・レビューをもっと見る