読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スノウ・ティアーズ

スノウ・ティアーズ

スノウ・ティアーズ

作家
梨屋アリエ
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2009-06-30
ISBN
9784048739535
amazonで購入する

スノウ・ティアーズ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひめありす@灯れ松明の火

今にもなくなりそうなのにとても綺麗で、幸福なのに決して救われてなさそうな、誰かと手を繋ごうとしているようなのにそっと手を振っているだけのような、そんな儚くも美しい表紙にやられて手に取りました。出来る事ならちゃんと病院行ってカウンセリング受けてー、学校の付属のカウンセリング室でもいいからー、と現実的な私が叫ぶ一方で、君江と一緒にその不思議な世界に沈んでいる自分がいて、とてもアンビバレンツな感じでした。メリーポピンズの様な男ものの傘のエピソードが、ほのぼのとして可愛らしくて好きです。ハッピーエンドがよかった。

2011/11/08

ベイマックス

(図書館本)  文庫本と違いハードカバーは、裏表紙にあらすじもないし、解説もないから、読むまで内容の予備知識がない。しかも、作者初物。  摩訶不思議な話を読んだことがないわけでもないし、でも、最後まで物語の世界に入り込むことが出来ずに、文字だけを読んでいたような感覚だった。 言葉の選択やリズムなど、色々なことで、合う・合わないが生じるのだろうな。

2020/02/16

かごめ

不思議体質のヒロイン君枝は時折イリュージョンの世界に迷い込む。君枝のイリュージョンを理解し、そこから解放させたいと支えてくれる男友だちは、それゆえにか距離を置く。溶けてはしまうのに、その隙間に雪が降る。夢なら覚めなければよいのに、覚める夢ならみたくない、夢であっても夢みたい。一人になってもスノウティアーズの涙の池を泳ぐ君枝。溺れることを夢見ないのだろうか。

2017/09/07

zanta

既読か?未読か?表紙はなじみがある気がして、読んだことがありそうだと思いながら借りたが、未読だったようだ。何度も手にとってはチラヨミして、読まなかった模様。私自身はこういう不思議体験は皆無だけど、こういう事象を想像してしまうのが作家という職業のかたなのだろうな。それは目先のことにとらわれてしまうより心楽しい生き方にも思われる。陸がどうなったか、とても納得できない(気に入りだったので)が、了さんとすれ違いながら不器用に生きていけばきっと幸せになれるんじゃないかな。

2014/10/30

氷風

あっ。またこの不思議な世界に迷い込んでしまった…。ファンタジーと楽しく割り切れたらいいんだけど。梨屋作品は、ビターなファンタジー。君枝のような世界だったらちょっとは楽しいかもと思いつつ、ずっと続いたら気が滅入るだろうなぁ。陸との関係がちょこっと甘酸っぱい。というより、陸の一途な感じ、見守る感じがすごく優しい。でもすれ違っちゃって。あぁ。きっとこの2人が合わさったなら、少しは生きやすかっただろうに。

2013/02/08

感想・レビューをもっと見る