読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明

我、天命を覆す  陰陽師・安倍晴明

我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明

作家
結城光流
あさぎ 桜
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2010-07-31
ISBN
9784048740807
amazonで購入する

我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

皐月

「少年陰陽師」で主人公昌浩の爺様である晴明さんの若かりし頃のお話。十二神将たちを使役に下すまでのお話と若菜姫の馴れ初め話も。ただ、どらちらも中途半端で全部描き切れてないようなが感じがしました。仮にも神の末端の式神の簡単に下していいのだろうか?

2017/08/10

りか

こういう晴明も好き。少年陰陽師は一巻だけしか読んでないので、うろ覚えだったけど、繋がってる感が良かった。ただ、十二神将を下していく件が長くて、単調だったのでちょっと疲れた。そこがメインなのかもしれないけど、長さの割には意外とあっさり下っちゃう辺りにハラハラ感が無くて残念だった。

2014/01/23

はる

仮にも神の末端を式神にするのは無茶なのに。 すごすぎますよ! 晴明様のお力でも最初は弱い力しか出せなかったんですね 面白かったです!

2013/11/29

のほほん@灯れ松明の火

昔の若かりし頃の孤独でやけっぱちな晴明が、なんだかとっても新鮮でした。 今では息子に孫に十二神将に囲まれて、みんなに心配されて愛されるお祖父さんですから。本編も読み進めたいですが、こういう晴明の昔のお話しもいいですね。

2010/09/06

七月せら

〈再読〉あの「じい様」安倍晴明の若かりし日、十二神将、そして若菜との出会いの物語。『少年陰陽師』がだいぶおぼろげな記憶になりつつありますが、これ単体でも十分に面白いお話です。人でなく妖でもない狭間に生きていた晴明にとって、岦斎や若菜から向けられる真摯な心、十二神将達から課せられた試練は己を見つめ直す大きな転機となりました。晴明と神将達がこれからどんな道を歩んでいくのか、楽しみです。

2017/04/28

感想・レビューをもっと見る