読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夜明けを知らずに―天誅組余話 (メディアワークス文庫 な 2-2)

夜明けを知らずに―天誅組余話 (メディアワークス文庫 な 2-2)

夜明けを知らずに―天誅組余話 (メディアワークス文庫 な 2-2)

作家
仲町六絵
出版社
アスキー・メディアワークス
発売日
2012-05-25
ISBN
9784048866231
amazonで購入する Kindle版を購入する

夜明けを知らずに―天誅組余話 (メディアワークス文庫 な 2-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

レアル

さらりとした天誅組の本を読みたく手に取る!しかし総裁の吉村虎太郎ではなく野崎主計の弟が主人公。こちらを主人公とすることで討幕を掲げた天誅組を内からではく、間接的に見ているいう物語となっている。幕末に維新という夜明けを知らずに散っていく天誅組の史実を基にしたお話で、ライトで読みやすい。ざっくりとした天誅組の本を読むには良い本かな。。

2015/02/01

巨峰

仲町六絵さんの2作目。十津川郷士の少年の視点から、幕末天誅組の騒動を描く。天誅組事件をきちっと扱った小説は初めてで興味深かった。吉村虎太郎が素晴らしく魅力的。主人公兄弟とそれに絡む梅田雲浜の娘もとてもよかった。

2012/05/31

みとん

私の一番苦手な時代・・・。明治維新までのお話。坂本龍馬とか高杉晋作とか、そういう超有名人たちではなく、維新志士「天誅組」の史実をもとにしたお話。主人公野崎雅楽(うた)は創作ですが、兄の主計(かずえ)などは実在だそうです。十津川郷(現在の奈良県)の人々は、倒幕を目的として立ち上がった維新志士に参加したものの、味方から裏切られ逆賊として追われることに。病気や怪我、戦いで散っていくいくつもの命を、雅楽の視点でえがいていてなんとも切ない。神様登場したりちょっぴりファンタジーもあり。救いのあるラストでよかったぁ。

2016/05/17

月華

図書館 2012年5月発行。負け戦のお話ということで全体的に救いのない暗いお話しでした。描写がなかなか生々しかったです。亡くなった後にも慕われているのが少しは救いかな、と思いました。

2016/11/21

るか

知識不足で天誅組を知りませんでしたが仲町さんの本ということで手に取りました。明治維新前の江戸時代末期に夜明けを夢見た天誅組の吉村虎太郎と野崎主計の生き様が描かれていてその壮絶さに息を飲みました。序盤から苦しい展開が続き重々しい雰囲気のまま終わってしまいましたが世の中を変えるにはこれくらいのことが必要なのだと思いました。辛い戦いが続く中で虎太郎の優しさや決意などが伝わってきてよかったです。辛い場面が多いですが最後に雅楽と市乃が結ばれたことがせめてもの救いでしょうか。天誅組について調べてみようと思いました。

2016/06/09

感想・レビューをもっと見る