読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

怪物

怪物

怪物

作家
中村航
井上 尚弥
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-03-28
ISBN
9784048960687
amazonで購入する Kindle版を購入する

怪物 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さおり

私がボクシングを好きになったきっかけは、辰吉だ。手をぶらりと下ろして相手を挑発し、打たれながら隙をついて、一撃で落とす。正直、何級があるのかも正確に知らないまま、次々に現れる強い男にただ夢中になって今に至ります。そうして見てきた中でも、尚弥くんは別格。イケメンなのに怪物。怪物なのにイケメン(どっちでもいい)。尚弥くんは、打たれることなく一撃で落とす。この本で、そんな彼にも少年時代があり、自分より強い相手と向き合う瞬間もあったと知れて、良かった。で、贅沢なことにこれを書いたのは中村航さんです!すてきすぎる!

2018/10/22

カレー好き

まだ底をみせない怪物、井上尚弥。彼のボクサーとしての道のり。世界クラスの日本人のひとりに間違いないが、認知度は不十分。最近バラエティにも出てますけどね。試合前にチャンピオンベルトを何回も忘れるところは笑える。これからどこまで昇りつめるか楽しみ。☆3つ

2019/01/14

しーふぉ

中村航という作家が描く井上尚弥のノンフィクション。強すぎて負けるとしたらアクシデントか調整を失敗する時なのかな。拳を痛めるとか腰を痛めるとかないと負ける姿を想像出来ない。淡々とした記述は変に盛り上げようとしてなくて好感あり。

2019/10/27

きたはら

先日のWBSS1回戦、60秒過ぎのワンツーによるノックアウトに歓声も感嘆の声も出せず、ただ笑うことしか出来ないほどの衝撃を受けました。そんな「とにかく強い」ボクサー井上尚弥の、特にドラマチックでも悲惨でもない普通の生い立ちから、家族親戚一同でボクシングに取り組む幼年時代、キッズボクシング大会荒らしとなる少年時代、そしてプロへの道を歩む姿が、作家・中村航によって生き生きと書かれています。読後は、ボクサー井上尚弥がこれから更に強くなる未来しか見えなくなります。

2018/10/11

ガジュマル

モンスター井上尚弥の生い立ちから、3階級制覇した最近の試合直前までが書かれている。強すぎるパンチ力が故の拳のケガが結構あったんだな。WBSS制覇して来年には日本人アスリート長者番付1位に躍り出るんじゃないかな。楽しみ。

2018/06/14

感想・レビューをもっと見る