読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

メタル脳 天才は残酷な音楽を好む

メタル脳 天才は残酷な音楽を好む

メタル脳 天才は残酷な音楽を好む

作家
中野信子
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-01-30
ISBN
9784048961240
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

サイコパスからいじめ、不倫まで、人間社会のさまざまな事象を読み解いてきた脳科学者・中野信子が次に選んだテーマ。それはヘヴィメタルです。重く激しいサウンドとダークな世界観で熱狂的なファンを生む一方、その音楽性やスタイルゆえに世間から疎まれがちなヘヴィメタル。しかし様々な研究によって、このサウンドが持つ効能やファンの特性が明らかになった結果、世界中の科学者からポジティブな評価を得るに至っています。「ヘヴィメタル」その特徴を本誌解釈で端的に表すと「天才が好み、天才を育む音楽」であるということ。良識的な人々が眉をひそめるヘヴィメタルには、認知機能や知的好奇心、ストレス耐性の向上など、知育に欠かせない数々の効果が認められるのです。自らも幼少の頃からヘヴィメタルに親しんできた中野が、これらのユニークな先行研究を紹介すると共に自身の経験も織り交ぜつつ「天才のための音楽」のメカニズムを解説します。脳科学・心理学的な縦横無尽のアプローチを重ねた末、中野の考察はヘヴィメタルが果たすであろう社会的役割にも到達します。世の欺瞞や偽善を鋭く訴える一方、怒りや絶望といったネガティブな感情を緩和させ、正義の感覚を醸成させるこの音楽は、現代社会における自立した個人のあり方を促すのではないか。それは、単なる反骨とも反社会とも異なる「非社会」というスタンスです。各国でポピュリズムが台頭し、民主主義の行く末も危ぶまれている昨今、閉塞した世界を変える「強い個」を生み出すのがヘヴィメタルやヘヴィメタル的スタンスなのかもしれません。予言にも似た中野の指摘は、既成概念を打ち崩す驚きを与えてくれることでしょう。次代を担う若者へ、そして彼らを育てる大人たちへ、今こそ声を大にして伝えたい。
「モーツァルトよりメタリカを聴け!」

「メタル脳 天才は残酷な音楽を好む」のおすすめレビュー

脳科学者おすすめの音楽はなんと“メタル”! 流されない自分を作り出すメタルの効用

『メタル脳 天才は残酷な音楽を好む』(中野信子/KADOKAWA)

 メタルは本質的に「個を律する」ための音楽だ――『メタル脳 天才は残酷な音楽を好む』(KADOKAWA)の中でそう語るのは本書の著者であり、脳科学者・医学博士の中野信子さんだ。中野氏は、自身もメタル好きであり、自分を含めたメタル好きの人たちの思想信念や行動を観察するうえで、この命題にたどり着いたのだという。

 本稿では、脳科学者の中野信子さんが、メタルは自律にふさわしい音楽だと考えるわけを本書の中からかいつまんで紹介してみようと思う。その際、自分をコントロールできない人の特徴や、メタルファンの共通項を踏まえて考えていこう。

■自分をコントロールできない人とは?  本書の内容を踏まえると、自律ができない人というのは周りに流されやすい人を指している。わかりやすく言えば、流行りの音楽を聴き、歌い、踊るような人たちである。意識的にせよ無意識にせよ、みんなが聴いているからということで、それを自分も聴き、歌い、踊る。

 わたしが“流されやすい人”を観察している限りでは、当の本人たちは「自分がそれで…

2019/2/27

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

メタル脳 天才は残酷な音楽を好む / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おしゃべりメガネ

面白くは読めたのですが、正直自分が(勝手に)思っていた感じの内容とは、ちょっと違っていました。もっとたくさんメタルアーティストのネタが書かれて、ソコと脳科学的な話をリンクさせるのかなと期待していたのですが、結構深い脳科学寄りなお話でした。著者が同い年というコトもあり、興味を持って読み始めましたが、改めて人の考え方というのは本当に様々なんだなぁと認識しました。メタリカ大好きな私としては、もっとメタリカの話が読めるかなと期待しましたが、ちょっと肩透かし感が。私は天才ではないので単純なメタル好きなオッサンです。

2019/03/02

tonkotsu

脳科学者の中野信子さんによる著書で、ヘヴィメタルを心理学・脳科学的に分析した珍しい本。メタルは社会への不満や怒りを表現した音楽ジャンルでありながら、「怒りをコントロール」できるとの研究結果もあり、ストレスを緩和させる効果もある。メタル好きな人は創造的で落ち着きがあり、内向的であるなどの分析もありつつ最後は「モーツァルトよりもメタリカを聴け」で締める。

2019/02/23

キー

まず最初に、孤独感を感じていた少女時代の先生がメタルに出逢う、という自分語りから始まっています。それがあまりにも感動的で、1ページ目から泣きそうになりましたよ。第1章は、こうした中野先生の中高生時代の音楽体験が書かれていて、偏差値高め少女のメタル話はボンクラ男子のメタル好きしか知らない自分には、非常に新鮮で興味深く読みました。 第2章以降では、メタル好きな人達に特有の気質を見事に言語化してくれていて、所々で脳科学の専門用語が使われる難しさはありましたが、色々と納得する事が多く楽しめましたよ。

2019/02/06

Koji Takahashi

【自分はやっぱりメタルファン】 中野氏のチョイスは自分の範囲よりディープでコア、あまり踏み込んでない領域。良いバンド知ることができた! メタルは「非社会性」の音楽であり、排他的な面がある。カラオケに行って歌うものがない、流行歌を歌う人とは違うのだよと思う。 自分はメタルファンだと感じる典型的な場面だ(笑) 自分が人と違うことの「快感」を後押ししてくれる音楽がメタル。エナジーをもらえる音楽がメタル。 今年の目標はライブに行って「毛穴」で体感してきたい!

2019/02/11

いぬたち

著名な脳科学者によるヘヴィメタル布教本。メタルと脳について様々な事が述べられており概ね同意出来るのだが何と言ってもメタルについて肯定的な本が出版された事に感激!メタルは裏切らない!

2019/02/17

感想・レビューをもっと見る