読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

新世界

新世界

新世界

作家
西野亮廣
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-11-16
ISBN
9784048964371
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

常に挑戦を続け、常に注目を浴び続け、本を出版すれば全作ベストセラー。
同世代を中心に圧倒的な支持を集め、自身が運営するオンラインサロンは国内最大。

時代を牽引する革命家・西野亮廣が語る「一歩踏み出す為に必要な情報」とは?

そして、西野亮廣が見た『新世界』とは?

今、世の中で何が起きていて、二年後に何が起きるのか?
西野亮廣がキミに語りかける、“学校では教えてくれない”これからの時代の生き方。

「大丈夫。まだ間に合う」

「新世界」の関連記事

『新世界』未収録の“幻”の「おわりに」を公開! キンコン西野亮廣「正直者がバカを見ない未来の方が面白い。だから、作る」

 芸人として舞台にも立ちながら、メンバー1万3000人超えという国内最大規模のオンラインサロンも運営するキングコング・西野亮廣さん。彼の最新の書籍である『新世界』(KADOKAWA)では、それまで『革命のファンファーレ』(幻冬舎)などで言及されていたお金や広告に対する価値観をベースに、オンラインサロンを運営したことで得た実体験などが多数事例として紹介されている。

 時代の大きな流れや、それに伴う価値観の変容、そして自身の実体験から得た気づきなどが書かれた本書籍の中で、西野さんは「声の小さな人も暮らしやすくなる世界を作りたい」という。

 はたして西野さんはなぜそのような世界を思い描き、日々リスクを背負いながらも行動し続けるのか。そのモチベーションの源泉について聞いた。

 ちなみにこの取材は、西野さんが8700冊の新刊にサインをする日に行われた。サインをするために手を動かしながらも、質問に答え続け、ときにじっと考えながら言葉を選ぶ西野さんの姿があった。

■オンラインサロンの規模を大きくしたら経済圏が生まれた

西野亮廣氏(以下、西野):なんか、すみません。サイ…

2018/11/29

全文を読む

関連記事をもっと見る