読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

もし好きと言ったら君は笑ってくれるのかな (〈@〉night)

もし好きと言ったら君は笑ってくれるのかな (〈@〉night)

もし好きと言ったら君は笑ってくれるのかな (〈@〉night)

作家
ますだみく
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-07-04
ISBN
9784048965279
amazonで購入する Kindle版を購入する

「もし好きと言ったら君は笑ってくれるのかな (〈@〉night)」の関連記事

「嫌いになれたら、どれだけ楽だろう」――恋をする幸せと残酷さを描く『もし好きと言ったら君は笑ってくれるのかな』

 人気イラストレーター、ますだみくさん。Instagramで12万人がフォローする彼女の作品は、壁に飾っておきたくなるようなおしゃれな絵柄と、もどかしいほど切ないストーリーが人気だ。

 そんなますだみくさんの大ヒットとなった初書籍『匂いとか思い出の消し方とかわからないから、上書き保存できたらいいのに』に続く待望の第2弾、『もし好きと言ったら君は笑ってくれるのかな』が、7月4日(木)に発売となった。

 1作目は短編集だったが、本作は長編と短編の組み合わせで、ひとつのアパートに住む男女の恋模様を描く。

 不器用すぎる登場人物たちの、胸の奥がぎゅっとつかまれるようなラブストーリー。恋をしたことのあるすべての人が共感必至の1作だ。

【筆者プロフィール】 ますだみく 漫画家、イラストレーター。著書に『匂いとか思い出の消し方とかわからないから、上書き保存できたらいいのに』(KADOKAWA) Instagram:@moko__to__moko Twitter: @_mokotomoko_

2019/7/29

全文を読む

関連記事をもっと見る

もし好きと言ったら君は笑ってくれるのかな (〈@〉night) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かおる

画風が魚喃キリコに近くなった?魚喃作品はエグくて苦手だったけど、これは殆どハッピーエンドなので安心して読めます。

2019/10/01

感想・レビューをもっと見る