読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

【さり】ではなく【さいり】です。

【さり】ではなく【さいり】です。

【さり】ではなく【さいり】です。

作家
伊藤沙莉
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-06-10
ISBN
9784048969321
amazonで購入する Kindle版を購入する

「【さり】ではなく【さいり】です。」の関連記事

伊藤沙莉が「思っていたよりもつまらない声でした」と言われた経験から這い上がるまで

 坂元裕二さん脚本のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』第1話で、ナレーションをつとめていることが明かされ話題となった女優・伊藤沙莉さん。6月10日に発売される初のフォトエッセイ『【さり】ではなく【さいり】です。』(KADOKAWA)のインタビューが行われたのは第1話放送前だったが、くしくも坂元裕二作品や“声”の仕事についての想いを語っていただいていた。書くことで改めて見えた、自分自身の軸とは――?

(取材・文=立花もも 撮影=花村謙太朗)

――大のテレビっ子で、好きな作品は何度も繰り返し観るというお話を本書のなかで書かれていますが、国内外のドラマ・映画の「基本これ」とあげられている作品数が、あまりに膨大なのでびっくりしました(笑)。

伊藤沙莉さん(以下、伊藤) あはは、そうですよね。でもほんと、あれでもまだ足りないくらいで。同じ作品をずーっと繰り返し観ちゃうんです。だから「好きな作品は?」って聞かれても、いつもほんとに答えるのが難しくて。

――ジャンルもバラバラで本当に幅広くご覧になっていますが、なかでも宮藤官九郎さんと坂元裕二さんの作品が多いな、とい…

2021/6/8

全文を読む

私のポンコツバイト伝説「ポンコツ人生」後編/伊藤沙莉『【さり】ではなく【さいり】です。』

6月10日に発売される、女優・伊藤沙莉さんの初のフォトエッセイ『【さり】ではなく【さいり】です。』。発売に先駆けて、本書からエッセイ「ポンコツ人生」を前後編でお楽しみください。

『『【さり】ではなく【さいり】です。』(伊藤沙莉/KADOKAWA)

「ポンコツ人生」後編

その後の私はとにかくのび太。 元気な、昼寝をしないのび太。 喋り倒すのが大好きなのび太。

テスト0点なんて余裕でとっていたし 考えごとや妄想をしている時に話しかけられても 本当に全くと言っていいほど聞こえない。 言われたこととか、やってることとかやらなきゃいけないこととか 普通に忘れちゃう。思い出しても何故か後回し。

通信簿に書かれてたことといえば 大体マストで「落ち着きがない」。 中学の三者面談で担任が母に言った言葉は 「一度すっとびでてったら最後、戻ってこない」。 先生と母のトホホ顔が目に焼き付いている。

中でも一部では有名だが 私のポンコツバイト伝説はまあまあある。 自分で伝説とか言うのもちょっとどうかと思うけど もはや伝説なのだ。  

コンビニのバイト中は レジ打ち中にシンプ…

2021/6/7

全文を読む

関連記事をもっと見る

【さり】ではなく【さいり】です。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

milk tea

模索しながら、現在がある。 大切にしてるものは家族、愛が止まらない。 沙莉さんは、「女王の教室」の時から注目してまして、「ひよっこ」でさらに惹きつけられました。 今や、すっかり女優さん。

2021/08/04

キスケ

写真集だと思ったらフォトエッセイ。 ほとんど文章に釘付けだった。 女王の教室から知ってたけどここ数年でいきなり気になり始めた女優さん。なんでこんなに惹かれるのか、理由が分かった。 文章が面白い面白い。読む手が止まらない。 つまり、伊藤沙莉さんの考え方自体に虜になってる。 エッセイではご家族のこととか、今までのエピソードを綴っておられたけど、どれも読者を置いてけぼりにしない本当にあたたかい愛のあるものだった。 ますます好きになった。 もっと書く仕事したらいいと思う! 宝物がまた1つ増えた ★★★★★

2021/08/11

ごま麦茶

女優の伊藤沙莉さんのフォトエッセイ。私も彼女のことは声から覚えたなぁ。やはりコンプレックスだった時期もあったんですね。ドラマで観て、バラエティで観て、素敵な女優さんとは思っていたけれど、やはり文章も面白くて可愛らしくて強さを感じて。ますます素敵な女優さんだと思いました。

2021/09/02

ちょーのすけ

これ、タレント本にありがちな(と思う)ゴーストライターによる文章じゃなくて、本人が書いてるよねぇ。「仲間はずれ」に凄く共感。「繰り返し観る」で数多く挙げられているお気に入りドラマや映画の中に、『ゴールデンスランバー』『フィッシュストーリー』『アヒルと鴨のコインロッカー』と伊坂幸太郎原作映画が並んでいるのが嬉しい。

2021/08/01

萌花

今まで見てきた伊藤沙莉さんはほんの一部分でしかなかったのだと気付かされました。もちろん、伊藤沙莉さんだけでなく、他の芸能人の方にも、家族や友人にも、道行く知らない人にも、私の知らない沢山の"面"があるわけですが、とにもかくにも、この本を読めて良かったです。泣けて笑えて、無責任かもしれませんが、伊藤さんの家族って素敵だなと思いました。そして、今後の伊藤沙莉さんがより一層楽しみになりました。

2022/02/21

感想・レビューをもっと見る