読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

細野晴臣 夢十夜

細野晴臣 夢十夜

細野晴臣 夢十夜

作家
朝吹真理子
リリー・フランキー
塙 宣之(ナイツ)
出版社
KADOKAWA
発売日
2022-03-18
ISBN
9784048970815
amazonで購入する Kindle版を購入する

細野晴臣 夢十夜 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ムーミンママ

夢日記。。何だか面白そう。でも すぐ忘れちゃうんだよね(笑)みんな割りと下らない夢(言い方 悪いなぁ汗ごめんなさい)見てるんだなって安心した。ナイツの塙さんの作品 好きだなぁ。

2022/06/02

十文字

以前『ほぼ日』で連載していた細野晴臣の夢日記を収録。朝吹真理子、リリー・フランキー、ナイツの塙宣之がその夢日記をもとにした短編小説化。 フロイトも漱石も、いい意味で頭を抱えそうな1冊。

2022/03/31

ARASKA

大好きなアーティストの尊敬するアーティストの本というきっかけで手に取った。良い具合に力が抜けていて、これを作品に落とし込むなんてまさに夢のような話だと思った。中でも朝吹真理子さんの文章がとても好きで、本を読み進めながら絶対この方の本を読もうと決意した。塙さんの漫才を何度も見ているため、漫才がスラスラ脳内で再生され、読書という雰囲気を壊さないよう声を殺しながらニヤニヤ楽しめました。

2022/05/04

tawasimusi

細野晴臣、リリーフランキー、ほぼ日。サブカル感満載でしかも可愛いシール付き。それだけで予約したのも忘れるほど前に買った。んー特別面白いわけもなく、こんな本読んでるオレお洒落だろ感に浸るくらい…夢日記ってことで僕がいちばん覚えてるのはエレベーターに乗るが目的の階にどうしてもたどり着かない夢を昔からたまーにみる。高速で上昇したり、ボタンが光らなかったり。他の人と一緒に乗ってなんとかエレベーターをコントロールしようとするもうまくいかず。気づいたら小さい頃よく遊んだ階段を使ってその階に向かおうとするが、で醒める。

2022/04/15

感想・レビューをもっと見る