読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あおぞらとくもりぞら 1

あおぞらとくもりぞら 1

あおぞらとくもりぞら 1

作家
loundraw
三秋縋
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-08-25
ISBN
9784049120592
amazonで購入する Kindle版を購入する

あおぞらとくもりぞら 1 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

レリナ

いやーこの雰囲気、話の展開、好き。あおぞらとくもりぞら、二人の関係性がとても良い。いい漫画が買えた。これからどう話が展開していくのか、楽しみ。掃除人の青年にとって初めての試練というか、体験がこれからどう彼らの関係を変えていくのか、続きが気になる。話は淡々としているのだが、絶妙な話運びに、キャラの設定が活きているので、読み手にこの漫画の魅力を十分に伝えることができており、飽きない。絵が作品にマッチしている。とても良い読後感。次巻に期待。

2018/09/05

つん

三秋縋さんらしい話。派手さはないけれど、一文一文が心にささる。どこか哀しげで重たい感じの絵柄も、三秋さんの作品の雰囲気に合っている。欲を言えば、今の三秋さんの文章で読んでみたい。

2019/02/27

まつどの理系こうし(まりこ)【”ひと月ひとGOSICK”開催中】

人を操り「自然な自殺」をさせるくもりぞら、生きる意味を見出せず死にたがるあおぞら。ふたりの感情がかすったり、でも深層心理で何を思うかは全くの謎であったり、ダークなお話だけれど、目が離せないワクワク感と、少し人が死を考えている話なのにワクワクしてしまう罪悪感、いえ背徳感が混じる先の楽しみな漫画でした。そしてloundrawさんの絵がやっぱり好き。

2018/09/01

びゃく

満喫

2018/09/11

sou

「あおぞら」と「くもりぞら」が人名のことを言っているとは思わなかった笑 それにしても、絵のタッチが凄く好み。 透明感があって、どこか感傷的なイラストは三秋先生の紡ぐこの物語にはピッタリです。 ちなみにあおぞらは、三秋縋作品でいう霧子とミヤギを合わせたような女の子ですよ。可愛い。

2018/08/27

感想・レビューをもっと見る