読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

モバイル・ソウル phase-1 覚醒:unveil (電撃文庫)

モバイル・ソウル phase-1 覚醒:unveil (電撃文庫)

モバイル・ソウル phase-1 覚醒:unveil (電撃文庫)

作家
新田周右
POKImari
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-12-07
ISBN
9784049121599
amazonで購入する Kindle版を購入する

モバイル・ソウル phase-1 覚醒:unveil (電撃文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

わたー

【試し読み】試し読み途中から専門用語が多用され、一気に読みにくくなっていた。序盤の解説を読めばいいのかもしれないが、新作なのだから解説なしでも楽しめないといかんなあと。

2018/12/07

しぇん

最初に用語説明集がありますが、まず是が全く読む気になれず物語を読んで覚える事にしましたが説明が遅く物語りに非常に入りにくい惨状に。途中からは慣れましたが。続くようですが、多分買わないかなと。

2018/12/10

真白優樹

余剰した魂が異能を覚醒させる未来都市で、元孤児のひねくれ者の少年が、謎の美少女に出会い能力に目覚め始まる物語。―――善か悪か、其れは力の証が決める。 魂が焦げるほどに熱く、装着から始まる異能同士のバトルが真っ直ぐに燃える。そんな熱さが魅力的な物語であり、根底には自分なりの正義の芯を秘めた少年が、正反対の少女とのぶつかり合いを経て大切なものに気づいていく、子供が大人へと成長する物語としても面白い物語である。自分から物語へと飛び込む事を選んだ少年は、どんな成長を見せるのか。 次巻も勿論楽しみである。

2018/12/10

HANA

近未来を舞台とした異能もの。最初イメージしていたものとは違ったけれどこういった展開も面白い。まだ始まったばかりという感じではあるので次巻が楽しみ。

2019/03/07

リク

専門用語が多すぎて目がすべるすべる。そのせいで勢力の把握も出来てないから善悪がわかりづらく、話に入れなかったかなぁ。じっくり読めばまた違ったんだろうけど、ラノベでパッと理解出来ないのは個人的にきつかった。別にメディアワークスでよかったんじゃない? ただ、主題はヒロイックアクションなので偽悪的な主人公の実は熱い心根はよかった。誰でも守ろうとするカヤに対してサラッとそう切り出せるのがカッコいい。地の文での説明を少なく、二人のやり取りを多めにするともっと読みやすくなりそうかな〜と思う。

2018/12/10

感想・レビューをもっと見る