読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ブギーポップは笑わない

ブギーポップは笑わない

ブギーポップは笑わない

作家
上遠野浩平
緒方剛志
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-01-10
ISBN
9784049122718
amazonで購入する

ブギーポップは笑わない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

秋良

文庫で出したものを単行本で出すという強気な商法。上遠野浩平は後書きも含めて上遠野浩平なので、きちんとそこまで再録されてるのは嬉しい。この何か起きそうで、大半の人にとっては何も起きてないのはブギーポップ らしさ。

2019/01/14

usanosuke

ライトノベル界に大きな影響を与えた約20年前の作品であるが、最近新たに発刊されたソフトカバー版を手に取ってみた。深陽学園に通う高校生たちの物語だが、ジャンルで言えば、98年初出の作品ということを考えれば、エヴァンゲリオンから2000年以降の「セカイ系」作品のちょうど間に位置付けられる作品だが、「世界の敵」や世界の危機に対して自動的に登場するブギーポップという存在の設定など「セカイ系」の作品に近い。また、本作で登場する宮下藤花とブギーポップの二重人格やマンティコアなどは、新伝奇として登場した(続く)⇒

2019/01/19

=emy=

新装版。あとがきそのまま、補記追加。数ヶ月しないうちに読み返しになったのですが(文庫の方、既読)新たな発見があって良いですね(^^) 補記で遊んでて◎どこまで新装版出すのかな?アニメの所だけ?

2019/03/08

さな

10年前以上に読んだ作品だけど、表紙に惹かたのと、「こぐちさん」シリーズで紹介されてて読みたくなり購入。今読んでも、とても綺麗な構成の作品だとつくづく思う。世界のどこかで正義の味方が戦ってる裏で、登場する高校生たちは自分の道を歩いていて、ブギーポップを中心にバラバラな事柄が少しずつ統一されているような、そんな雰囲気が好き。昔読んだときも思ったけど、霧間凪が格好よくて、一番好きだ。

2019/01/27

にゃんち@雑食系

★4。「エンタメノベルの歴史を変えた傑作」とのことで、シリーズが長いのを理由に敬遠していたのを新装版でようやく購入。20年前に書かれたと思うと、確かに斬新な手法とテーマかも。連作ながらも微妙にズレを作り、読者側にも理解力やセンスが求められる気がする。ヤバ、ハマるわこれ、と思った。既に新装版の既刊は入手済だしなぁ。

2019/03/09

感想・レビューをもっと見る