読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

迷える羊の森 ~フィトセラピスト花宮の不思議なカルテ~ (メディアワークス文庫)

迷える羊の森 ~フィトセラピスト花宮の不思議なカルテ~ (メディアワークス文庫)

迷える羊の森 ~フィトセラピスト花宮の不思議なカルテ~ (メディアワークス文庫)

作家
有間カオル
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-08-24
ISBN
9784049122824
amazonで購入する Kindle版を購入する

迷える羊の森 ~フィトセラピスト花宮の不思議なカルテ~ (メディアワークス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

「フィトセラピスト」という言葉は初めて聞いたが、作中で使われている意味ではないんだろうなあと思う。植物療法店店主である花宮の得体の知れなさはどこからくるのだろう。登場人物(患者)が少年と女性だけなので、もうちょっとバリエーションが欲しいところ。

2019/08/30

一華

作家さん買い…ひょんなことから、フィトセラピスト花宮が営むストレイシープ・フォレストを手伝うことになった丈太郎。心に悩みを抱えて迷い込んできた人たちと関わりながら、自らも一歩踏み出せる勇気をもらえていく…店主の花宮がなんとも妖しげで、丈太郎が評する「曼珠沙華のよう」が、言い得て妙。

2020/06/27

coco夏ko10角

植物療法店でバイトすることになった高校生の丈太郎、そこには色んな人が…。最初の話の婚約者ひどいなぁ。というかそれで始まりが重くなった感じがあるから、その前に短くていいから柔らかい話があった方がよかったかも。二つ目の7歳の男の子のお話いい。

2020/10/22

ばんび

魔法!!?

2021/01/28

HANA

悩みや問題を花を通じて解決していく話。色々と見事に花が動くなぁと思いながら。結構内容としては面白かった。花宮さんはなんとも謎な人物。

2019/11/30

感想・レビューをもっと見る