読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

安達としまむら8 (電撃文庫)

安達としまむら8 (電撃文庫)

安達としまむら8 (電撃文庫)

作家
入間人間
のん
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-05-10
ISBN
9784049123838
amazonで購入する Kindle版を購入する

安達としまむら8 (電撃文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ponpon

待望の新刊。二人の10年後、一緒に海外旅行(行き先は明記されないがアメリカ西海岸かな?)へ出掛けるところから。これは最終巻か!!との雰囲気だが、一転して舞台は高校時代に戻り、二人は北九州への修学旅行へと向かう。お付き合いを始めたばかりの初々しい関係が微笑ましい。お風呂での裸のお付き合い、ツインルームでの語らい、そして濃霧の駐車場を経て二人の関係は深まっていく様子が、しまむらの視点のみで描かれる。今では淡泊な印象があった彼女ですが、想いは深まったようですね。まだ続巻があるようで楽しみです。

2019/05/21

かんけー

読了♪かなり間が空いて?久々の新巻(^_^;)切っ掛けとは言え、アニメ化に感謝♪う~ん?...冒頭の描写はネタばれになるので割愛w修学旅行の時期となり?安達としまむらもちょっとwそわそわ。安達はしまむらと同じ班にと即行動に!「班は一緒で!」「うん」分かりやすい♪前巻の感想で修学旅行と言えば入浴シーンは必至と期待したら、しっかり構成してくれた(^.^)wしまむらと同じ班のパンチョ?の会話に苦笑(^_^;)しつつたまに出てくるヤチーwが良いアクセント♪濃霧のエピは二人の絆の再確認?妹も相変わらずの→

2019/05/18

だい

さらに距離が近くなった安達としまむらが微笑ましかったです。 少し未来の2人も見ることが出来て良かった。 今後の2人の展開が楽しみです!

2019/05/12

ひつじ

あまあまでてぇてぇです。ありがとうございます。心が満たされてとても幸せな気持ちになりました。しまむらがいつにもまして可愛かったです。

2019/07/01

かわゆきか

めっちゃ久しぶり。どっちが安達でどっちがしまむらっけ?と序盤記憶を辿りつつ、続きが読めて良かったと安堵。前巻読んだ時、これから先どうなるの?と思ってたら、イキナリ先の先から始まって、何か大当たり確定のリーチ見てる安心感で読めた。安達かわいい。クラスメイトの人結構な役だったのに、最後まで名前が無かったな。あとアピタはともかくモレラってローカルすぎ。

2019/06/07

感想・レビューをもっと見る