読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ハナコ@ラバトリー 新装版(上) (電撃コミックスNEXT)

ハナコ@ラバトリー 新装版(上) (電撃コミックスNEXT)

ハナコ@ラバトリー 新装版(上) (電撃コミックスNEXT)

作家
施川ユウキ
秋★枝
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-09-10
ISBN
9784049127515
amazonで購入する Kindle版を購入する

ハナコ@ラバトリー 新装版(上) (電撃コミックスNEXT) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

施川ユウキ版『トイレの花子さん』。花子はトイレでしか存在できない。でも、そこに意味がある。トイレは個室だ。ゆえに一人になる。ならざる得ない。だから本音が漏れる。そんな本音に、花子は優しく寄り添う。トイレの地縛霊である花子だからこそ、寄り添えるのだ。とはいえ、花子は外にも現れることがある。例えば、電柱だ。電柱は、ある動物にとってトイレだから(笑)。あと、スマホを使ってブログも更新する。狭いトイレは世界に開かれ、今日も孤独な誰かを救う場所となる。

2019/09/24

ひとみ

学校に限定することなくトイレに現れる幽霊・花子さん。どうしてトイレにだけあらわれるのか本人もわからないまま、幽霊である自分自身ですらわからないような奇妙な出来事に巻き込まれつつスマホからブログをあげるというそんな短編集。著者の書き下ろし小説が付いているというので読んでみる。一つ一つの短編にいろんなハートフルなものから怖いもの、奇妙なものまでいろんな落ちがついているのが楽しい。原作者の短編を作る能力の高さに唸らされる前後編となりました。一番好きなのがトイレの個室に連載されている野球小説です。

2019/10/09

ずみ

原作が施川ユウキ。学校内外問わず「トイレ」にのみ存在できるハナコさんの視点の短編集。ヒートフル系。ひとつひとつの話が暖かすぎず、クールすぎず、ちょうどよく収まりがいい。/上下巻読んで好きなのは、野球少年、謎かけ、タイムカプセル、おまる、そして椎名千鶴。巻末の小説もいい。こういう滋味のある作風とても好き。落ち着いて読める。

2019/12/22

杜杜

紙で購入

2019/09/20

感想・レビューをもっと見る