読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

レッドスワンの混沌 赤羽高校サッカー部 (メディアワークス文庫)

レッドスワンの混沌 赤羽高校サッカー部 (メディアワークス文庫)

レッドスワンの混沌 赤羽高校サッカー部 (メディアワークス文庫)

作家
綾崎隼
ワカマツカオリ
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-10-24
ISBN
9784049128130
amazonで購入する Kindle版を購入する

レッドスワンの混沌 赤羽高校サッカー部 (メディアワークス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みどり

やっと出た。そしてここまで来た。 ガラスのファンタジスタが、どこまで戦えるか 父子の確執はどうなるか、そして優雅の恋愛は成就するか。 ラスト1冊、来月まで待てない。 図書館でハードカバーを借りてしまいそう。でも来月の文庫は買う。実は私スポーツもの(特にサッカーの戦術とか)も好物だったりする。 ここまで丁寧に用語解説があるものも珍しいのでサッカーを知らなくても読める本でもある。

2020/10/27

あおやまみなみ

いよいよ、優雅たち3年生最後のインターハイが幕を開ける。 レッドスワン、復活の5作目。 伊織や楓の頼れる姿が、世怜奈先生の新しい戦術が、大地の成長が、大会の裏で動く恋が、そして何より──優雅の天才的なプレーが最高でした。全部最高。あと魅力的なのは主要キャラだけじゃないんですよね。個人的に初戦の狼がすごくカッコ良かった……。優雅とリオと常陸のアレも好きすぎて3回読み返しました。謙心や紫苑の未来も楽しみ。優雅よりも圧倒的に実績を出している楓が誰よりも優雅を認めてるの好き! そして最後……。早く1ヶ月後になれ!

2020/10/24

Yuri

表紙絵が大好きで読んでるシリーズ5作目。ついに『ガラスのファンタジスタ』優雅がインターハイへ! 因縁のある青森市条高校との対戦を前に父親と(親子として)対面したり、次作へ向けても盛り沢山。 そして私は圭士朗さんがやっぱり1番好きなのでした。

2020/11/24

kitten

新刊で購入。待ちに待ったレッドスワンの続編。ついに、ガラスのファンタジスタが爆発する。とてつもない才能を秘めながら怪我に泣かされ、ろくにプレイできなかったファーストシーズン。セカンドシーズン開幕の前巻、実質たったワンプレイで世界の度肝を抜いた優雅が、インターハイでさらに覚醒する。この話が読みたかった。この話を読むために全力で応援した。残りページが怪しくなってきたところでエピローグ。レッドスワンの物語はまだ終わらない。いよいよセカンドシーズン最終章に向かう。評価、星4.

2020/11/02

alleine05

さすがシリーズ終盤だけあって今まで控えめだった優雅の活躍も今回は比較的多めだった。優雅様SUGEEEEE。しかしライバルの青森市条にはそんな優雅と同格らしい貴希がいて、しかも向こうは優雅と違って身体的な脆さがなくフルタイムに出場できるという。そんな相手をどうするのか。来月の最終巻も楽しみ。一方、恋愛要素もちゃんと動かしていくのね。優雅の恋の行方ももちろん気になるし、楓が七海の魔手(笑)から逃れられるのかも気になる(最終的には逃れられなさそうな気配がプンプンしているが)

2020/10/27

感想・レビューをもっと見る