読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

旋律月下 (メディアワークス文庫)

旋律月下 (メディアワークス文庫)

旋律月下 (メディアワークス文庫)

作家
綾崎隼
ワカマツカオリ
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-03-25
ISBN
9784049129113
amazonで購入する Kindle版を購入する

旋律月下 (メディアワークス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nayu

久しぶりに綾崎隼を読むともうものの見事に騙されますね。   しかしまぁ幸せになれた二人となれなかった二人。   この対比はきっついですね。    これはもうレッドスワンを新作を早く読まなきゃやってらんないですよ。

2020/07/19

Junichi Yamaguchi

『恋は始まらなければ終わらない』… 「if」… 考えればキリがない。 今の僕は幾つの「if」が重なって出来たのだろうか⁈ そんなことを考えながらの読了。。

2020/05/27

kitten

新刊で購入。綾崎さんの花鳥風月シリーズの最新刊。と言っても、このシリーズは横のつながりはほとんどないので、ここから読んでも問題ない。月乃、今宵の舞原家の双子姉妹との恋物語。と言っても、恋愛ミステリなので、一筋縄ではいかないんだけど。相変わらず綺麗な話だな、と思った。この話をネタバレなしで紹介するのは難しい。評価、星3。これ、何年の話なんだろう?作中に今宵の好きな本として小野さんの十二国記シリーズが出てくるのに、少しにやっとした。

2020/04/14

はな

花鳥風月シリーズ最新作。今回はsideAはなんとなく分かったのですが、sideBは騙されました。明るく朗らかな月乃ちゃんに惹かれるのはなんとなく分かるのだけど、今宵ちゃん可愛いと思うんですよね。一途な彼女に惹かれると思うのですが、、、思い込みもあるのかな〜。

2020/04/05

あおやまみなみ

"人生にifはない。" 望月洋平が恋をした舞原月乃には、瓜二つな双子の妹、今宵がいた。 もしもあのとき、別の道を歩んでいたら……。 彼が選んだその先で描かれるのは、2つの恋の物語。 構成とミスディレクションが上手すぎて今回もやられました。 ありがとうございます。

2020/03/26

感想・レビューをもっと見る