読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

仲谷鳰短編集 さよならオルタ (電撃コミックスNEXT)

仲谷鳰短編集 さよならオルタ (電撃コミックスNEXT)

仲谷鳰短編集 さよならオルタ (電撃コミックスNEXT)

作家
仲谷鳰
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-02-25
ISBN
9784049130270
amazonで購入する Kindle版を購入する

仲谷鳰短編集 さよならオルタ (電撃コミックスNEXT) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

マリオネット・ブックマーク

アニメ化もされた人気作品『やがて君になる』の作者の短編漫画を集めた短編集。漫画って基本が長篇連載なのでなかなか読み切りが単著に収録されないし、されたとしても連載作品の単行本の末に併録されるという形が多いなかで、《エクレア》という描き下ろしアンソロジーが存在するという百合漫画界隈特有と言ってもいい状況下によって成立した一冊とも言えよう。ある書店のPOPで“一部、百合ではない作品もあります”という旨のことが書かれていた画像がTwitterに流れていたが、百合を“二人の女性の関係性があるもの”と広く定義すれば→

2020/03/30

いりあ

「やが君」でお馴染みの仲谷鳰さんが同人や「エクレア」などに発表した短編をまとめた短編集です。全9作品収録です。いずれの作品も短いながらも、一ひねり二ひねりしてあり、タイトル作である「さよならオルタ」から引き込まれます。描き下ろしの「優しくなりたい」はギュッと胸を締め付けられるような感じがしました。「やが君」でも描かれていた変わること/変わらないことが、どの作品の根底にも流れているようで、百合か百合じゃないかは関係なく仲谷鳰先生の作品が好きなんだと確認できました。次はどんな世界に連れていってくれるのかな。

2020/04/05

Leaf★Moon

『やがて君になる』が素晴らしかったので購入。いや〜、すごい。既読のもの(エクレア掲載作品)5作、初めて読むものが4作。どれもこれも良かった。百合でも百合じゃなくても仲谷先生の作品が好きだ、と思えた。次の連載も短編集第二弾も期待してます。

2020/03/13

幸音

『やがて君になる』の作者さんの短編集。「さよならオルタ」双子がお互い役として入れ替わりながら生活をする話。うわー!そう来たか!物語としてもタイトルの意味としても素晴らしかった。幼馴染みの彼は辛いだろうな。「なみだ風味エスカルゴ」人の悲しい感情を食べる寄生虫というファンタジー要素あり。短いながらも面白かった。エクレア収録の作品は全て既読。

2020/03/07

おこげ

エクレアに掲載の百合作品+同人その他短編の要素で構成。表題作は双子のじゃれたキスがあるものの、重い結末にズッシリくる。ファンタジーなど幅があり百合作品以外にも個々の中に『やが君』へ繋がるものが感じられ、一度にこうして読める機会は貴重。短い中に仲谷ワールドが濃縮されている『なみだ風味エスカルゴ』が何とも不思議でさわやか🐌

2020/02/26

感想・レビューをもっと見る