読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いらっしゃいませ 下町和菓子 栗丸堂2 聖徳太子の地球儀 (メディアワークス文庫)

いらっしゃいませ 下町和菓子 栗丸堂2 聖徳太子の地球儀 (メディアワークス文庫)

いらっしゃいませ 下町和菓子 栗丸堂2 聖徳太子の地球儀 (メディアワークス文庫)

作家
似鳥航一
わみず
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-08-25
ISBN
9784049133691
amazonで購入する Kindle版を購入する

いらっしゃいませ 下町和菓子 栗丸堂2 聖徳太子の地球儀 (メディアワークス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ponpon

お気に入り著者の新刊。栗丸堂の修繕工事も終わり営業再開の日を迎えることに。一寸したサプライズは栗丸堂が地域に受けられている証。そんな栗丸堂には、やっぱり謎やトラブルが持ち込まれるのであった…。本巻は正味2編すあまと人形焼きに関する物語。どちらも美味しそうですが、ミステリー要素の濃い第3編がお気に入り。由加に送り作られた不審な人形焼きの謎に栗田と葵が挑みます。真相は下衆い…。弓野と上宮もレギュラーとして定着したが、まだまだ謎多き人物ら。葵の蘊蓄癖も悪化し変人の域に近付くも、袴姿で許す。次巻が待ち遠しい。

2020/08/26

ぽろん

栗丸堂再開の喜びも束の間、今回は、いろんなところに話が、ぶっ飛んで、私的には、消化不良。今回は、和菓子が猛烈に食べたい気持ちにならなかった。次巻は、葵と栗田中心の話になりそうで、とても楽しみです。

2020/11/07

はる

今回は甘々少なめ。栗丸堂の周りで事件が発生。そして、番外編ながらも謎多き聖徳太子の地球儀事件。私の中では解決したと思ってたけど、上宮の中では終わってないようす。きっとこれから葵達を巻き込んで一波乱ありそう。

2020/10/28

まるぼろ

目出度く営業再開し、大繁盛となった再開初日の栗丸堂に白鷺が来店、久しぶりに会う京都の友人達との形式張らない茶会に使える様な茶菓子について相談されるが…というお話です。営業再開した割には栗丸堂の外の話がメインだった気がしますが今巻も面白かったです。サブタイトルの「聖徳太子の地球儀」については事件そのものは…でしたが、上宮に恨みを持ってそうな大部や葵にも関係がありそうな「聖徳の和菓子」絡みでなにかありそうで、今後の展開が気になります。人形焼についてはかっぱ橋辺りで何となく…w そちらの件は一件落着ですが、→

2020/10/19

anne@灯れ松明の火

新着棚で。返却期限に追われて、大急ぎで、ざざっと読んだ^^; 栗丸堂、営業再開おめでとう! 1話目最後に、え?と思ったのに、2話目に外伝がはさまれ、肩透かし。まあ、3話目で解決されたし、そこに外伝の関係者が出てきたからなのだろうが、この構成はどうなんだろう? 次で、大きく話が進みそう?なので、次が出れば読むとは思う。

2020/09/30

感想・レビューをもっと見る